教科書

バイオサイエンスの統計学

正しく活用するための実践理論

: 市原清志
ISBN : 978-4-524-22036-6
発行年月 : 1990年2月
判型 : B5変
ページ数 : 398

在庫あり

定価5,033円(本体4,660円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次

バイオサイエンス領域でよく用いられる検定法を中心に解説。身近な数値や誤用例を通し、統計の基本概念からその正しい使い方まで、ひとりでに理解できる。カラー図式やコンピュータシミュレーション、漫画を駆使したビジュアルで楽しい編成。項目ごとに難易度、重要性が段階表示され、初学者から高度な読者までレベルに応じた読み方ができる。

序説 統計学とは
1. 検定の原理
2. 関連2群の差の検定
3. 独立2群の差の検定
4. 計数値データの検定
5. 独立多群の差の検定
6. 関連多群の差の検定
7. 回帰と相関
8. 標本の分布型とその検定法
9. 統計の正しい利用と解釈