書籍

クイズで学ぶ超音波診断実践トレーニング

編集 : 増山理
ISBN : 978-4-524-26744-6
発行年月 : 2013年5月
判型 : B5
ページ数 : 104

在庫あり

定価3,780円(本体3,500円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

クイズ形式で楽しく考えながら「超音波を活かす」診断の重要性が理解できるトレーニングブック。クイズの出題範囲は、基礎、心臓、腹部(消化器、婦人科、腎臓)、体表(甲状腺、乳腺)、血管、整形外科のすべての超音波分野で、全領域にわたる幅広い知識が身につく。画像から的確な情報を得るための経験を積める、超音波検査士、検査技師必読の一冊。

I 基礎
II 循環器
III 消化器
IV 産婦人科
V 腎・泌尿器など
VI 体表(乳腺・甲状腺)
VII 血管
VIII 整形外科
索引

超音波検査を用いれば、非侵襲的に身体の内部を可視化できる。画像の解像度、精度はこの30年の間に飛躍的に向上し、今や日常診療で必須な検査である。超音波画像から日常診療に役立つ情報を引き出すためには、超音波の基礎から各疾患の診断・治療法まで幅広い知識が必要である。また、検査者の技量も診断力に大いに関係する。教科書や論文で学ぶことも重要であるが、初心者や、専門外の領域に足を踏み入れようとしている方にとって、そのハードルを下げてくれるのが遊びながら学ぶ場ではなかろうか。そう考え、第86回日本超音波医学会学術集会(2013年5月24日.26日、大阪)で「日超医クイズコンテスト−〇でニッコリ!×でナットク!−」を企画した。洗練された問題を実際に自分で考え、正解すれば自信が付くであろう。たとえ間違っても、解説を聞き納得できれば、それが身に付き次の超音波検査に役立つことが期待されよう。
 この本では、実際に日超医クイズコンテストで出された問題と解答、解説をまとめた。各分野の第一線で活躍されている講師の先生方に、超音波検査士認定試験対策にも役立つ問題をお考えいただき、わかりやすく解説していただいた。コンテストに参加できなかった方々にも超音波をクイズ形式で楽しく学んでいただくことで、広くお役に立てていただきたいと考え書籍化した。超音波がかかわるほぼすべての分野を網羅しているので、はじめて超音波検査士認定試験を受験される方や、他領域の受験を考えている方にとっても学びの一助となろう。もちろん試験対策としてだけでなく、日ごろの臨床にも役立てていただける内容となっている。ぜひ、まずはクイズの回答者になったつもりで挑んでみていただきたい。

2013年5月
兵庫医科大学 循環器内科
増山理