書籍

痛み治療のための超音波ガイド下神経ブロック実践テキスト

  • 新刊

編集 : 齊藤洋司/奥田泰久
ISBN : 978-4-524-26151-2
発行年月 : 2017年7月
判型 : A4
ページ数 : 222

在庫あり

定価9,720円(本体9,000円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

大きく適応が広がる超音波ガイド下神経ブロックの種類やその具体的な手法を、標準的に解説。臨床の実践に対応できるペインクリニックにおける神経ブロックの実際書。安全性を重視しながら手技のポイントやコツを記載し、読者の経験値に伴って臨床応用ができる。解剖や適応などを解説した上で写真とイラストを対比し、図表を多用し、簡潔な文章で解説した。

総論
 1.超音波診断装置
 2.超音波プローブとブロック針
 3.神経ブロックに必要な物品
 4.基本的手技
 5.神経ブロックに伴う副作用・合併症
各論
 I 頭部領域
  1.前頭神経ブロック
  2.眼窩下神経ブロック
  3.オトガイ神経ブロック
  4.後頭神経ブロック
 II 頸部領域
  1.星状神経節ブロック
  2.頸神経叢ブロック
  3.神経根ブロック
  4.椎間関節ブロック
 III 上肢領域
  1.腕神経叢ブロック(斜角筋間ブロック)
  2.肩甲上神経ブロック
  3.肩峰下滑液包内注入
  4.筋皮神経ブロック
  5.橈骨神経ブロック
  6.正中神経ブロック
  7.尺骨神経ブロック
  8.腋窩神経ブロック
 IV 体幹領域
  1.肋間神経ブロック
  2.椎間関節ブロック
  3.傍脊椎神経ブロック
  4.神経根ブロック(胸椎)
  5.硬膜外ブロック
  6.腹直筋鞘ブロック
  7.腰神経叢ブロック
  8.仙腸関節ブロック
  9.経仙骨孔ブロック
  10.陰部神経ブロック
 V 下肢領域
  1.股関節ブロック
  2.大腿神経ブロック
  3.外側大腿皮神経ブロック
  4.伏在神経ブロック
  5.閉鎖神経ブロック
  6.坐骨神経ブロック
  7.梨状筋ブロック
  8.膝関節内注入
  9.総腓骨神経ブロック
  10.脛骨神経ブロック
  11.後脛骨神経ブロック
  12.浅腓骨神経ブロック
  13.深腓骨神経ブロック
  14.腓腹神経ブロック
 VI 全身領域
 1.トリガーポイント注射
索引

序文

 痛みの治療は全ての医療分野において重要であり、その目標は痛みを緩和することでその人らしい生活を支えることであると広く認識されるようになった。人々の生活の質を維持・向上させるための痛み治療は、チーム医療による多面的なアプローチが基本となる。「Decade of Pain」を起点に、痛みの制御機構の研究成果は臨床現場に新しい痛み治療薬を導入させた。薬物治療の向上とともに、技術の進歩は神経ブロックの環境を大きく変え、飛躍的な発展に導いた。超音波ガイド下神経ブロックの登場である。神経ブロックは侵害刺激の入力を直接遮断するという点で強力な痛み治療のツールである。しかし、体表面の解剖学的所見から神経ブロックを行うランドマーク法、X線透視下に行うブロックなど従来の神経ブロックは習得が難しく、施行できる医師や施設も限られていた。
 手術麻酔においても、末梢神経ブロックの有用性は周知でありながら、同様の課題からその応用は限られていた。超音波診断装置の目覚ましい進歩により、手術室での超音波ガイド下神経ブロックは飛躍的に普及した。その研究成果も急増し、超音波ガイド下神経ブロックの有用性・安全性を支えるエビデンスを提供し、さらなる発展へと繋がる好循環といえる。神経ブロックの有用性と適応は、痛み治療の現場においてはより高く、より広い。手術麻酔に応用される末梢神経ブロックの確立・普及から、痛み治療への応用が大いに期待される。痛み治療において対象となる末梢神経ブロックは麻酔と比較して圧倒的に多い。また、治療と同時に診断に貢献するという特徴もある。
 このような背景からか、麻酔に応用する超音波ガイド下神経ブロックに関しては多くの教科書があるものの、痛み治療のための神経ブロックに関してはほとんどない。本書は手技の実際をわかりやすく解説し、ベッドサイドにおいて活用していただくことを目的として企画・構成している。各論となる神経ブロックの項目では、頭部領域4ブロック、頸部領域4ブロック、上肢領域8ブロック、体幹領域10ブロック、下肢領域14ブロック、全身領域1ブロックと計41ブロックを網羅している。実践書としての役割に重点を置き、各神経ブロックについて、解剖、適応、合併症、ブロック手技の構成としている。各神経ブロックに共通する項目は重複を避け総論にまとめている。ブロック施行前の解剖をしっかり確認し、器具等の準備を行う。実際の手技の手順詳細を、実践の助けとなるよう解剖図、超音波画像、それに一致する画像解説を基本セットとして記載している。
 本書は、痛みの治療・診断に活用できる基本的な手技から最新の手技の大部分を収めており、日常診療に大いに貢献するものと確信している。全ての神経ブロックや各ブロックにおける全てのアプローチを載せているわけではないが、急速に進歩していく超音波ガイド下神経ブロック領域において、本書が基盤となるテキストとしての役割を果たし、さらなる手技の向上、改善、新しい神経ブロック手技の導入、発展の起点となれば幸いである。

2017年6月
編者を代表して
齊藤洋司