書籍

皮膚病理組織診断学入門改訂第3版

  • 新刊

: 斎田俊明
ISBN : 978-4-524-25878-9
発行年月 : 2017年11月
判型 : A4
ページ数 : 302

在庫あり

定価19,440円(本体18,000円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

皮膚構成の基礎的事項から各疾患の病理組織所見、組織学的鑑別診断までをていねいに解説した定本の待望の改訂版。より適切な診断確定能力を習得できるよう、画像を大きく掲載、判型もA4判に変更。総論、各論ともに新たな研究の進歩を盛り込んだ。各論ではおよそ40疾患を追加。約190疾患のすべてに病理組織写真および所見、組織学的鑑別診断を掲載している。オールカラー。

総論
 1.正常皮膚の組織所見
  A.正常皮膚の組織構築
   (1)表皮 Epidermis
   (2)表皮・真皮境界部 Dermo-epidermal junction
   (3)真皮 Dermis
   (4)皮下組織 Subcutaneous tissue
   (5)皮膚の脈管系 Vasculature of the skin
   (6)皮膚の神経系 Peripheral nerve of the skin
   (7)皮膚の付属器 Adnexae of the skin
  B.皮膚の発生
 2.皮膚病理組織学の基本的所見と用語
  A.表皮の所見
   (1)角質増生(過角化) hyperkeratosis
   (2)表皮肥厚 acanthosis,表皮過形成 epidermal hyperplasia
   (3)乳頭腫症 papillomatosis
   (4)海綿状態 spongiosis
   (5)棘融解 acantholysis
   (6)表皮内水疱 intraepidermal bulla
   (7)球状(風船状)変性 ballooning degeneration,網状変性 reticular degeneration
   (8)表皮内細胞浸潤 exocytosis
   (9)膿疱 pustule,表皮内微小膿瘍 intraepidermal microabscess
   (10)異常角化 dyskeratosis
   (11)シバット小体 Cvatte body
   (12)Epidermolytic hyperkeratosis(表皮融解性過角化)あるいは顆粒変性 granular degeneration
  B.表皮・真皮境界部の所見
   (1)液状変性 liquefaction degeneration,小空胞状変性 vacuolar degeneration
   (2)苔癬様反応 lichenoid reaction
   (3)表皮下水疱 subepidermal bulla
   (4)基底膜肥厚 thickening of basement membrane
  C.真皮の所見
   (1)炎症性細胞浸潤
   (2)血管炎 vasculitisと血管症 vasculopathy
   (3)肉芽腫 granuloma
   (4)肉芽組織 granulation tissueと瘢痕組織 scar tissue
   (5)沈着症
   (6)結合織の変化
  D.皮下脂肪織の所見
   (1)中隔性脂肪織炎 septal panniculitis
   (2)小葉性脂肪織炎 lobular panniculitis
 3.皮膚生検の方法と染色法の選択
  (1)生検法と標本の提出
  (2)特殊染色
  (3)蛍光抗体法と免疫組織化学的検索
 4.皮膚疾患の病理組織診断
  A.皮膚病理組織診断の基本的な考え方
   (1)診断行為と皮膚病理組織学
   (2)皮膚病理組織診断の考え方
  B.病理組織診断の具体的手順
   (1)プレパラートをどう観察するか
   (2)病理組織診断をどう決定するか
  C.腫瘍性皮膚疾患の病理組織診断
   (1)腫瘍の定義
   (2)良性腫瘍か悪性腫瘍かの病理組織学的判定
   (3)皮膚悪性腫瘍の種類と病理組織診断
   (4)良性皮膚腫瘍の病理組織診断
  D.炎症性皮膚疾患の病理組織診断
   (1)組織診断のむずかしさ
   (2)炎症性皮膚疾患の組織学的診断法
   (3)組織反応パターンの分類と診断法
  E.その他の皮膚疾患の病理組織診断
各論
 1.Acanthosis nigricans 黒色表皮腫
 2.Adenoid cystic carcinoma 腺様嚢胞癌
 3.A dult T-cell leukemia/lymphoma(ATLL),cutaneous type 成人T細胞白血病・リンパ腫,皮膚型
 4.A llergic contact dermatitis アレルギー性接触皮膚炎
 5.A myloidosis,primary cutaneous type 皮膚アミロイドーシス,皮膚原発(限局性)アミロイドーシス
 6.A ngiofibroma,Fibrous papule of the nose/face,Perifollicular fibroma 血管線維腫,鼻部(顔面)線維性丘疹,毛包周囲線維腫
 7.A ngiokeratoma 被角血管腫
 8.A ngiolymphoid hyperplasia with eosinophilia,Epithelioid(histiocytoid)hemangioma,Pseudopyogenic granuloma 好酸球性血管リンパ球増殖症,類上皮血管腫
 9.A ngiomatoid fibrous histiocytoma 血管腫様線維性組織球腫,類血管腫型線維性組織球腫
 10.A ngiosarcoma,Malignant angioendothelioma 血管肉腫,脈管肉腫,悪性脈管内皮細胞腫
 11.A pocrine cystadenoma ;Eccrine hidrocystoma アポクリン嚢胞腺腫;エクリン汗腺嚢腫
 12.A pocrine fibroadenoma,Apocrine syringofibroadenoma アポクリン線維腺腫,アポクリン汗管線維腺腫
 13.A topic dermatitis アトピー性皮膚炎
 14.A typical fibroxanthoma 異型線維黄色腫
 15.B asal cell carcinoma(BCC),Basal cell epithelioma,Basaliom,Trichoblastic carcinoma 基底細胞癌,基底細胞上皮腫,基底細胞腫
 16.B lastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍
 17.B lue nevus 青色母斑
 18.B otryomycosis ボトリオミコーシス
 19.B owen's disease,Squamous cell carcinoma in situ Bowen(ボーエン)病
 20.B ullous congenital ichthyosiform erythroderma,Bullous ichthyosis,Epidermolytic ichthyosis 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症,水疱性魚鱗癬,表皮融解性魚鱗癬
 21.B ullous pemphigoid,Pemphigoid 水疱性類天疱瘡,類天疱瘡
 22.C alciphylaxis,Calcific uremic arteriolopathy カルシフィラキシー,カルシフィラクシス
 23.C heilitis granulomatosa,Oro-facial granulomatosis,Melkersson-Rosenthal syndrome 肉芽腫性口唇炎,Melkersson-Rosenthal(メルカーソン・ローゼンタール)症候群
 24.C holesterol embolism,Cholesterol embolization syndrome コレステロール結晶塞栓症
 25.C hromoblastomycosis,Chromomycosis 黒色分芽菌症,クロモミコーシス
 26.C hronic actinic dermatitis,Persistent light reaction,Actinic reticuloid 慢性光線性皮膚炎,持続性光線反応,光線性類細網症
 27.C hurg-Strauss syndrome,Allergic granulomatosus angiitis,Eosinophylic granulomatosis withpolyangiitis Churg-Strauss(チャーグ・ストラウス)症候群,アレルギー性肉芽腫性血管炎,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
 28.C lear cell acanthoma ,Pale cell acanthoma 澄明細胞(性)棘細胞腫
 29.C utaneous B-cell lymphoma (Marginal zone lymphoma,Follicle center lymphoma,Diffuse large B-cell lymphoma) 皮膚(原発)B細胞リンパ腫(濾胞辺縁帯リンパ腫,濾胞中心リンパ腫,びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
 30.C utaneous plasmacytosis,Cutaneous and systemicplasmacytosis 皮膚形質細胞増多症,皮膚・全身性形質細胞症
 31.D arier's disease,Keratosis follicularis Darier(ダリエー)病,毛孔性角化症
 32.D ermatofibroma,Fibrous histiocytoma,Histiocytomacutis 皮膚線維腫,線維性組織球腫,皮膚組織球腫
 33.D ermatofibrosarcoma protuberans 隆起性皮膚線維肉腫
 34.D ermatomyositis 皮膚筋炎
 35.D esmoplastic Spitz nevus 線維硬化性Spitz(スピッツ)母斑,線維形成性Spitz(スピッツ)母斑
 36.D esmoplastic trichoepithelioma 線維硬化性毛包上皮腫,線維形成性毛包上皮腫
 37.D rug eruption (morbilliform,measles type),Exanthematous drug eruption 薬疹(麻疹型)
 38.D rug-induced hypersensitivity syndrome(DHIS),Drug rash with eosinophilia and systemic symptoms(DRESS) 薬剤過敏症症候群
 39.E ccrine poroma,Poroma エクリン汗孔腫,汗孔腫
 40.E ccrine spiradenoma,Spiradenoma エクリンらせん腫,らせん腫
 41.E lastofibroma ,Eastofibroma dorsi 弾性線維腫,背部弾性線維腫
 42.E lastosis perforans serpiginosa 蛇行性穿孔性弾性線維症
 43.E ndometriosis 子宮内膜症
 44.E osinophilic pustular folliculitis,Ofuji's disease 好酸球性膿疱性毛包炎,太藤病
 45.E pidermoid cyst,Epidermal cyst,Atherom 類表皮嚢腫,表皮嚢腫,粉瘤,アテローマ
 46.E pidermolysis bullosa(hereditaria) 表皮水疱症,先天性表皮水疱症
 47.E pidermolysis bullosa acquisita,Dermolyticpemphigoid 後天性表皮水疱症
 48.E pithelioid sarcoma 類上皮肉腫
 49.E rysipelas 丹毒
 50.E rythema annulare centrifugum 遠心性環状紅斑
 51.E rythema chronicum migrans 慢性遊走性紅斑
 52.E rythema elevatum diutinum 持久性隆起性紅斑
 53.E rythema induratum(Bazin),Nodular vasculitis 硬結性紅斑[Bazin(バザン)],結節性血管炎
 54.E rythema(exudativum)multiforme 多形(滲出性)紅斑
 55.E rythema nodosum 結節性紅斑
 56.E xtramammary Paget's disease 乳房外Paget(ページェット)病
 57.F ixed drug eruption 固定薬疹
 58.F ollicular mucinosis,Alopecia mucinosa 毛包性ムチン沈着症,ムチン沈着性脱毛症
 59.F olliculosebaceous cystic hamartoma 毛包脂腺嚢腫性過誤腫,毛包脂腺系嚢腫状過誤腫
 60.F oreign body granuloma(Paraffinoma,Silicone granuloma,etc) 異物肉芽腫(パラフィン肉芽腫,シリコーン肉芽腫など)
 61.G iant cell tumor of tendon sheath 腱鞘巨細胞腫,巨細胞性腱鞘腫瘍
 62.G lomus tumor グロムス腫瘍
 63.G raft-versus-host disease(GVHD) 移植片対宿主病
 64.G ranular cell tumor,Granular cell nerve sheath tumor,Granular cell schwannoma,Granular cell myoblastoma 顆粒細胞腫,顆粒細胞神経鞘腫
 65.G ranuloma annulare 環状肉芽腫
 66.G ranuloma faciale 顔面肉芽腫
 67.G ranuloma pyogenicum Granuloma telangiectaticum 化膿性肉芽腫,毛細血管拡張性肉芽腫
 68.H ailey-Hailey's disease,Familial benign chronic pemphigus Hailey-Hailey(ヘイリー・ヘイリー)病,家族性良性慢性天疱瘡
 69.H ansen's disease(Leprosy) Hansen(ハンセン)病
 70.H emangioma(Strawberry mark;Portwine stain;Cavernous hemangioma;Arteriovenous hemangioma) 血管腫(いちご状血管腫;ポートワイン母斑;海綿状血管腫;動静脈血管腫)
 71.H erpes virus infection(Herpes simplex,Kaposi's varicelliform eruption;Herpes zoster,Varicella) ヘルペスウイルス感染症[単純疱疹,Kaposi(カポジ)水痘様発疹症;帯状疱疹,水痘]
 72.H idradenoma papilliferum 乳頭状汗腺腫
 73.I chthyosis vulgaris 尋常性魚鱗癬
 74.I gG4-related disease,IgG4-related skin disease IgG4関連疾患,IgG4関連皮膚疾患
 75.I ncontinentia pigmenti,Bloch-Sulzberger syndrome 色素失調症,Bloch-Sulzberger(ブロッホ・サルツバーガー)症候群
 76.Inflammatory linear verrucous epidermal nevus(ILVEN) 炎症性線状疣贅状表皮母斑
 77.I nsect bite,Arthropod sting 虫刺症,虫咬症
 78.I nterstitial granulomatous dermatitis (with arthritis),Interstitial granulomatous dermatitis with plaques,Ackerman syndrome 間質性肉芽腫性皮膚炎
 79.I nverted follicular keratosis (acrotrichoma,poroma folliculare) 反転性毛包角化症(毛孔腫)
 80.I rritated seborrheic keratosis (被)刺激性脂漏性角化症
 81.K aposi's sarcoma Kaposi(カポジ)肉腫
 82.K eloid;Hypertrophic scar ケロイド;肥厚性瘢痕
 83.K eratoacanthoma ケラトアカントーマ
 84.K erion Celsi,Tinea capitis (inflammatory type) Celsus(ケルスス)禿瘡,頭部白癬(炎症型)
 85.L angerhans cell histiocytosis,Histiocytosis X Langerhans(ランゲルハンス)細胞組織球症,組織球症
 86.L eiomyoma cutis(Angioleiomyoma;Piloleiomyoma) 皮膚平滑筋腫(血管平滑筋腫;立毛筋性平滑筋腫)
 87.L eishmaniasis リーシュマニア症
 88.L entigo simplex,Simple lentigo 単純黒子
 89.L eukocytoclastic vasculitis,Anaphylactoid purpura,Schonlein-Henoch purpura 白血球破壊性血管炎,アナフィラクトイド紫斑,Schonlein-Henoch(シェーンライン・へノッホ)紫斑
 90.L ichen nitidus 光沢苔癬
 91.L ichen planus 扁平苔癬
 92.L ichen planus-like keratosis,Benign lichenoid keratosis 扁平苔癬様角化症
 93.L ichen sclerosus et atrophicus 硬化性萎縮性苔癬
 94.L ichen striatus 線状苔癬
 95.L inear IgA bullous dermatosis,Linear IgA disease 線状IgA水疱性皮膚症,線状IgA水疱症
 96.L ipoma ,Angiolipoma,Spindle cell lipoma 脂肪腫,血管脂肪腫,紡錘形細胞脂肪腫
 97.L ivedoid vasculopathy,Livedo vasculitis,Livedoid vasculitis,Livedo reticularis with summer ulceration リベド様血管症,リベド血管炎
 98.L upus erythematosus(LE),Erythematodes エリテマトーデス,紅斑性狼瘡
 99.L ymphocytoma cutis,Pseudolymphoma,Lymphadenosis benigna cutis 皮膚リンパ球腫,偽リンパ腫,皮膚良性リンパ腺腫症
 100.L ymphomatoid papulosis リンパ腫様丘疹症
 101.M alformatiom(Accessory tragus;preauricular sinus/preauricular pit;Accessroy/supernumerary nipple;Bronchogenic cyst;Median raphe cyst) 形成異常(副耳;耳前瘻孔;副乳;気管支原性嚢腫;陰茎正中縫線嚢腫)
 102.M alignant melanoma 悪性黒色腫,メラノーマ
 103.M elanocytic nevus,Nevus cell nevus,Nevus pigmentosus;Clark nevus(atypical/dysplastic nevus),Miescher nevus,Unna nevus,Congenital nevus 色素細胞母斑,母斑細胞母斑,色素性母斑;Clark(クラーク)母斑(異型/異形成母斑),Miescher(ミーシャ)型母斑,Unna(ウンナ)型母斑,先天性母斑
 104.M erkel cell carcinoma(tumor),Neuroendocrine carcinoma of the skin,Trabecular carcinoma Merkel(メルケル)細胞癌(腫瘍),皮膚神経内分泌癌
 105.M etastatic carcinoma of the skin 他臓器悪性腫瘍の皮膚転移
 106.M icrocystic adnexal carcinoma,Sclerosing sweat duct carcinoma,Syringomatous carcinoma 微小嚢胞性付属器癌,硬化性汗管癌,汗管腫様癌
 107.M ixed tumor of the skin,Chondroid syringoma 皮膚混合腫瘍,軟骨様汗管腫
 108.M olluscum contagiosum 伝染性軟属腫
 109.M ucinous carcinoma 粘液癌
 110.M ucous cyst of the lip,Mucocele of thelip;Digital mucous cyst 口唇粘液嚢腫;指趾粘液嚢腫
 111.M ycosis fungoides 菌状息肉症
 112.M yopericytoma 筋周皮腫
 113.N ecrobiosis lipoidica 脂肪類壊死症,リポイド類壊死症,類脂肪性仮性壊死症
 114.N ecrobiotic xanthogranuloma 類壊死性黄色肉芽腫
 115.N ecrolytic migratory erythema,Glucagonomasyndrome 壊死性遊走性紅斑,グルカゴノーマ症候群
 116.N erve sheath myxoma,Classic type nerve sheath myxoma 神経鞘粘液腫,古典型神経鞘粘液腫
 117.N eurilemmoma,Schwannoma 神経鞘腫,Schwann(シュワン)細胞腫
 118.N eurofibroma 神経線維腫
 119.N eurothekeoma ,Cellular neurothekeoma 神経莢(きょう)腫,富細胞型(細胞増殖型)神経莢腫
 120.N evus sebaceus,Organoid nevus 脂腺母斑,類器官母斑
 121.N odular fasciitis,Pseudosarcomatous fasciitis 結節性筋膜炎,偽肉腫性筋膜炎
 122.N odular hidradenoma,Clear cell hidradenoma,Solid cystic hidradenoma,Apocrine hidradenoma 結節性汗腺腫,澄明細胞汗腺腫,充実性嚢腫状汗腺腫,アポクリン汗腺腫
 123.N on-tuberculous mycobacteriosis,Atypicalmycobacterium infection,Atypical mycobacteriosis 非結核性抗酸菌(感染)症,非定型抗酸菌症
 124.P almar fibromatosis ,Plantar fibromatosis,Palmoplantar fibromatosis,Dupuytren contracture 手掌線維腫症,足底線維腫症,掌蹠線維腫症,Dupuytren(デュプイトラン)拘縮
 125.P ancreatic panniculitis,Pancreatic fat necrosiss 膵性脂肪織炎
 126.P apillary tubular adenoma ,Tubular adenoma,Tubular apocrine adenoma,Papillary eccrineadenoma 乳頭状管状腺腫,管状腺腫,管状アポクリン腺腫,乳頭状エクリン腺腫
 127.P emphigus foliaceus,Pemphigus erythematosus(Senear-Usher syndrome) 落葉状天疱瘡,紅斑性天疱瘡,Senear-Usher(シネア・アッシャー)症候群
 128.P emphigus vulgaris 尋常性天疱瘡
 129.P ernio,Perniosis,Chilblain 凍瘡
 130.P igmented purpuric dermatitis,Persistent pigmentedpurpuric dermatitis,Pigmented purpuricdermatosis,Purpura pigmentosa chronica,Angiodermatitis 色素性紫斑,色素性紫斑性皮膚炎,慢性色素性紫斑,血管皮膚炎
 131.P ilar sheath acanthoma,Infundibuloisthmicoma 毛鞘棘細胞腫
 132.P ilomatricoma,Pilomatrixoma,Calcifyingepithelioma 毛母腫,石灰化上皮腫
 133.P ilonidal sinus 毛巣洞
 134.P ityriasis lichenoides et varioliformis acuta(PLEVA),Mucha-Habermann's disease;Pityriasis lichenoidessubacuta and chronica 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹,Mucha-Habermann(ムッハ・ハーバーマン)病;亜急性及および慢性苔癬状粃糠疹
 135.P ityriasis rosea(Gibert) [Gibert(ジベル)]ばら色粃糠疹
 136.P ityriasis rubra pilaris 毛孔性紅色粃糠疹
 137.P lasmacytosis circumorificialis ,Plasmacytosis mucosae 開口部形質細胞症,粘膜形質細胞症
 138.P olyarteritis nodosa 結節性多発動脈炎
 139.P olymorphous light eruption ,Polymorphic lighteruption 多形日光疹
 140.P orokeratosis 汗孔角化症
 141.P orphyria cutanea tarda 晩発性皮膚ポルフィリン症,遅発性皮膚ポルフィリン症
 142.P retibial myxedema,Localized myxedema 脛骨前粘液水腫,限局性粘液水腫
 143.P roliferating trichilemmal cyst/tumor (Proliferating trichilemmal cystic acanthoma),Pilar tumor;Malignant proliferating trichilemmal cyst/tumor,Proliferating tricholemmal cystic squamous cell carcinoma 増殖性外毛根鞘(性)嚢腫(増殖性外毛根鞘嚢腫性棘細胞腫);悪性増殖性外毛根鞘(性)嚢腫,増殖性外毛根鞘嚢腫性有棘細胞癌
 144.P rurigo chronica multiforme 多形慢性痒疹
 145.P rurigo nodularis,Eczema chronicum,Lichen Vidal,Lichen simplex chronicus 結節性痒疹,慢性湿疹,Vidal(ビダール)苔癬,慢性単純性苔癬
 146.P rurigo pigmentosa 色素性痒疹
 147.P ruritic urticarial papules and plaques of pregnancy(PUPPP),Polymorphous/polymorphic eruption of pregnancy 妊娠性掻痒性蕁麻疹様丘疹(局面)症
 148.P seudoxanthoma elasticum 弾性線維性仮性黄色腫
 149.P soriasis vulgaris;Pustular psoriasis 尋常性乾癬;膿疱性乾癬
 150.P yoderma gangrenosum 壊疽性膿皮症
 151.R elapsing polychondritis 再発性多発軟骨炎
 152.R osacea,Acne rosacea 酒さ,酒さ性ざ瘡
 153.R osai-Dorfman disease Rosai-Dorfman(ロサイ・ドルフマン)病
 154.S arcoidosis サルコイドーシス
 155.S cleredema adultorum (Buschke) 174.T ophi,Gout(Gouty tophus) 痛風結節成年性浮腫性硬化症[Buschke(ブシュケ)]
 156.S cleroderma(Systemic sclerosis;Morphea,Localized scleroderma) Malignant trichilemmoma 強皮症(全身性強皮症,全身性硬化症;斑状強皮症,外毛根鞘癌,悪性外毛根鞘腫限局性強皮症)
 157.S ebaceoma,Sebaceous epithelioma 脂腺腫,脂腺上皮腫
 158.S ebaceous adenomaとSebaceous hyperplasia 脂腺腺腫と脂腺過形成
 159.S ebaceous carcinoma,Meibomian carcinoma 脂腺癌,Meibom(マイボーム)腺癌
 160.S eborrheic keratosis,Verruca senilis 脂漏性角化症,老人性疣贅
 161.S olar keratosis,Actinic keratosis,Keratoma senile,Senile keratosis 日光角化症,光線性角化症,老人性角化腫,老人性角化症
 162.S olar lentigo,Lentigo senilis,Senile lentigo 日光黒子,老人性色素斑,老人性黒子
 163.S olitary fibrous tumor 孤発性線維性腫瘍
 164.S pitz's nevus,Juvenile melanoma,Reed's nevus Spitz(スピッツ)母斑,若年性黒色腫,Reed(リード)母斑
 165.S quamous cell carcinoma(SCC) 有棘細胞癌,扁平上皮癌
 166.S tasis dermatitis,Hypostatic dermatitis,Varicose symptome complex,Varix syndrome うっ滞性皮膚炎,静脈瘤性症候群
 167.S till's disease(adult-type) 成人(発症)Still(スティル)病
 168.S ubcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma 皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫
 169.S weet's disease(syndrome),Acute febrile neutrophilic dermatosis Sweet(スイート)病(症候群),急性熱性好中球性皮膚症
 170.S yphilis,Lues 梅毒
 171.S yringocystadenoma papilliferum 乳頭状汗管嚢胞腺腫
 172.S yringoma 汗管腫
 173.T hrombophlebitis 血栓性静脈炎
 175.Traumatic fat necrosis 外傷性脂肪壊死症
 176.T richilemmal carcinoma,Malignant tricholemmoma,
 177.T richilemmal cyst,Tricholemmal cyst,Pilar cyst 外毛根鞘嚢腫
 178.T richilemmal horn 外毛根鞘性皮角
 179.T richilemmoma,Tricholemmoma 外毛根鞘腫
 180.T richoadenoma 毛包腺腫
 181.T richodiscoma ,Fibrofolliculoma,Mantleoma 毛盤腫,線維毛包腫
 182.T richoepithelioma,Trichoblastoma 毛包上皮腫,毛芽腫
 183.T richofolliculoma 毛包腫
 184.T uberculosis cutis(Lupus vulgaris,Tuberculosis verrucosa cutis,Scrofuloderma) 皮膚結核(尋常性狼瘡,皮膚疣状結核,皮膚腺病)
 185.Tumor of follicular infundibulum 毛包漏斗部腫瘍
 186.U ndifferentiated pleomorphic sarcoma,Malignant fibrous histiocytoma(MFH) 未分化多形細胞肉腫,悪性線維性組織球腫
 187.U rticaria;Urticaria pigmentosa,Mastocytosis 蕁麻疹;色素性蕁麻疹,肥満細胞症
 188.V erruciform xanthoma 疣贅状黄色腫,疣状黄色腫
 189.V errucous carcinoma 疣状癌,疣贅状癌
 190.V iral wart(Verruca vulgaris,Verruca plana,Condyloma acuminatum,Myrmecia,etc) ウイルス性疣贅(尋常性疣贅,扁平疣贅,尖圭コンジローマ,ミルメシアなど)
 191.W ells syndrome,Eosinophilic cellulitis Wells(ウエルズ)症候群,好酸球性蜂窩織炎
 192.X anthogranuloma,Juvenile xanthogranuloma 黄色肉芽腫,若年性黄色肉芽腫
 193.X anthoma(Eruptive xanthoma,Xanthelasma,Tuberous xanthoma 黄色腫(発疹型黄色腫,眼瞼黄色腫,結節型黄色腫)
〜診断に役立つ〜皮膚病理組織の豆知識
 (1)角層に不全角化と正常角化が同時に認められたら
 (2)結節型悪性黒色腫とSpitz母斑の病理組織学的鑑別
 (3)Clark母斑とSSM in situの病理組織学的鑑別
 (4)EBウイルスと皮膚疾患・節外性NK/T細胞リンパ腫
 (5)
  1 乳頭真皮から表皮下層部に赤血球の血管外漏出(出血)がみられたら
  2 真皮乳頭層に表皮下水疱を思わせるような,きわめて高度な浮腫が認められたら
  3 好酸球が真皮内に間質性(膠原線維束間)に浸潤していたら
 (6)
  1 真皮乳頭層に針金状の線維化wiry bundleが認められたら
  2 真皮乳頭層にvertical streaks(縦方向,すなわち皮表に垂直方向)に走行する線維化が認められたら
 (7)
  1 表皮上層部のケラチノサイトが淡染し(pallor alteration),胞体が明るくみえたら
  2 生毛部の皮膚が掌蹠の皮膚のような緊密に堆積する厚い角層を呈していたら
  3 真皮の浅層よりも深層に顕著なリンパ球主体の細胞浸潤が認められたら
 (8)基底細胞癌と毛包上皮腫の病理組織学的鑑別
 (9)
  1 表皮基底層下(ときに毛包基底層周囲にも)に好酸性の厚い帯状物が認められたら
  2 真皮乳頭を充満するような密な(炎症性)細胞浸潤が認められたら
  3 真皮全層性にリンパ球の斑状浸潤がみられたら
用語解説
索引

改訂第3版の序

 皮膚病理組織学は皮膚科学のなかでも最も長い伝統を有する分野である。著者が皮膚科学の研修を始めた1970年代初頭、この分野の代表的教本はLeverの"Histopathology of the Skin"とPinkus&Mehreganの"A Guide to Dermatohistopathology"の2冊とされていた。当時、顕微鏡に載せたプレパラートを、この2冊の書籍の頁をめくりながら検討したが、診断の手掛かりが何もえられず、しばしば途方にくれたことを憶えている。1978年に発行されたAckermanの"HistologicDiagnosis of Inflammatory Skin Diseases"はパターン分析による画期的な診断手法を導入した名著である。しかし、この書籍も初版の段階では、各論的記載に乏しく、使い勝手のよいものではなかった。
 著者が本書の執筆を企画したのは、形態学・病理学が得手でない自分のような者が、皮膚病理組織診断を行う際に手許に置いて役立つテキストを1冊にまとめておきたいと考えたからであった。2000年に初版を刊行したところ、鑑別診断に力点を置いて解説したこともあってか、診断確定に役立つ実用的なテキストであると、一定の評価をいただくことができた。2009年に刊行した改訂第2版では各論を112疾患から150疾患へ増やし、臨床画像も掲載して理解を深めるように工夫した。
 今回の改訂第3版においては、これまでの形式を踏まえたうえで、以下のような改善を加えた。
 1)各論で取り上げる疾患を193疾患へと大幅に増加した。病理組織所見が重要とみなされる疾患は、稀有なものも、また近年報告されたものも、なるべく多く各論に採用するように努めた。今回の改訂により、各論の疾患リストはかなり網羅的になったといえる。
 2)判型をA4判へ拡大し、組織画像を一回り大きく掲げるようにした。また、各論の画像については所見の説明字句を直接、図中に書き込むようにした。これによって、所見を明確に把握していただけるものと期待している。
 3)総論・各論とも旧版の記載を全面的に再検討し、大幅な書き直しと画像の差し替えを行った。ほぼ全編にわたって新規原稿を作成した、というのが著者の実感である。
 4)見開き2頁とした各論前の空き頁を利用し、「診断に役立つ皮膚病理組織の豆知識」と題して、コラム的な記事を掲載した。
 5)改訂第3版は電子書籍としても発行することとした。
 今回の改訂に際しては、謝辞欄に記載した諸先生から貴重な資料を拝借することができた。症例の貸与をご快諾いただいた先生方に改めて深謝したい。また、南江堂出版部の大野隆之部長と杉山由希さん、制作部の高橋龍之介さんからは貴重な提案と助言をいただいた。この間、著者からの面倒な要望を聞き入れていただき、最終段階に至るまで画像の差し替えなどに迅速に対応していただいた。納得のいく改訂作業を進めることができたのは、上記3名のご高配のおかげである。
 初版刊行から17年間が経過したが、この間に著者自身も皮膚科学に関する経験と知識を多少ではあるが、積み重ねてきた。本書にはそのささやかな進歩も随所に反映させたつもりである。他方、本書は教科書であるので、正確な記述となるように最大限の注意を払った。不正確な教科書は初学者の混迷を深め、実害を及ぼすからである。正しい知識を明晰に伝えるように全力を尽くしたが、何分にも単著であるので、思わぬ誤記・誤謬もあることと思われる。ご指摘・ご批判下さるようにお願いしたい。本改訂版が皮膚病理組織学を学ぶ読者に少しでもお役に立つことができれば幸いである。

2017年秋
斎田俊明