書籍

今日の治療薬2017

解説と便覧

  • 新刊

編集 : 浦部晶夫/島田和幸/川合眞一
ISBN : 978-4-524-25532-0
発行年月 : 2017年1月
判型 : B6
ページ数 : 1392

在庫あり

定価4,968円(本体4,600円 + 税)

正誤表

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

薬効群ごとに解説と便覧で構成したベストセラー。2017年版では、多剤併用で注意したい高齢者の薬物療法に注目し、解説に「高齢者への投与」を新設。便覧は高齢者への注意喚起マーク、新規適応追加マーク、配合剤の「逆引き」表記(単剤一般名から配合剤の商品名がわかる)など、新表記でますます使いやすい。ポータルサイトでの年3回更新情報も配信。

本書の使い方(1)(2)(3)
■巻頭付録
 [1]妊婦・授乳婦へ投与する際の注意点
 [2]高齢者へ投与する際の注意点
 [3]小児へ投与する際の注意点
 [4]肝・腎障害患者へ投与する際の注意点
病原微生物に対する薬剤
 1.抗菌薬
 2.抗ウイルス薬と抗ウイルス療法薬
 3.抗真菌薬
 4.抗寄生虫薬
 5.予防接種用薬
 6.消毒薬
抗悪性腫瘍薬
 7.抗悪性腫瘍薬
炎症,免疫,アレルギーに作用する薬剤
 8.免疫抑制薬
 9.副腎皮質ステロイド
 10.鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬など)
 11.抗リウマチ薬
 12.抗アレルギー薬
代謝系に作用する薬剤
 13.糖尿病治療薬
 14.脂質異常症(高脂血症)治療薬
 15.痛風・高尿酸血症治療薬
内分泌系薬剤
 16.女性ホルモン製剤,子宮用剤
 17.男性ホルモン製剤
 18.他のホルモン製剤,代謝異常症治療薬
 19.甲状腺疾患治療薬
 20.骨・カルシウム代謝薬
ビタミン製剤,輸液・栄養製剤
 21.ビタミン製剤
 22.輸液・栄養製剤
血液製剤,血液に作用する薬剤
 23.血液製剤
 24.造血薬
 25.止血薬
 26.抗血栓薬
循環器系に作用する薬剤
 27.降圧薬
 28.狭心症治療薬
 29.抗不整脈薬
 30.心不全治療薬,昇圧薬
 31.血管拡張薬
 32.利尿薬
呼吸器系に作用する薬剤
 33.気管支拡張薬,気管支喘息治療薬
 34.呼吸障害改善薬
 35.鎮咳薬,去痰薬
消化器系に作用する薬剤
 36.胃腸機能調整薬
 37.消化性潰瘍治療薬
 38.腸疾患治療薬
 39.痔疾患治療薬
 40.下剤
 41.肝疾患治療薬
 42.胆道疾患治療薬
 43.膵疾患治療薬
神経系に作用する薬剤
 44.抗精神病薬,抗うつ薬,気分安定薬,精神刺激薬
 45.抗不安薬,睡眠薬
 46.抗てんかん薬
 47.片頭痛・慢性頭痛治療薬
 48.制吐薬,鎮暈薬
 49.パーキンソン病治療薬
 50.脳卒中治療薬
 51.抗認知症薬
 52.自律神経作用薬その他
 53.筋弛緩薬
 54.麻薬および類似薬
 55.麻酔薬
腎・泌尿器系薬
 56.腎疾患用剤
 57.泌尿器・生殖器用剤
感覚器官用剤
 58.眼科用剤
 59.耳鼻咽喉科用剤
 60.皮膚科用剤
その他
 61.歯科・口腔用剤
 62.中毒治療薬
 63.造影剤
 64.漢方薬
■付録
 [1]重大な副作用(有害反応)の症状
 [2]治療薬物モニタリング(TDM)における治療域・中毒域
 [3]薬剤の投与期間
 [4]主な臨床検査基準値一覧
 [5]2016年1月〜12月に承認・薬価収載された主な新薬
 [6]主なドーピング禁止薬剤
 [7]健康被害救済制度
 [8]医薬品リスク管理計画(RMP)
識別コード
索引(便覧薬剤索引,解説事項索引)
主な製薬企業連絡先一覧

2017年版(改訂第39版)序文

 毎年、様々な領域の疾患に対する新薬が承認され、臨床現場で使用可能となっている。治療薬の進歩は目覚ましく、我々の疾患に対する治療効果は日々上昇している。「今日の治療薬」は1977年の初版発行以来毎年改訂を重ね、便覧および解説において、全ての新薬の情報を漏らさずに正確に掲載し、薬物療法の動向を絶えず最新のものにアップデートしてきた。さらに、「日々の業務の中で使いやすい、知りたいことの要点が得られる」コンパクトな本であることを心がけている。
 2017年版では、執筆者諸氏と編集者が一堂に会して、さらなる改善点について意見を交換し、最新情報の掲載とともに、以下の改訂を加えることとなった。
 (1)解説において、小項目「高齢者への投与」を追加し、高齢者の薬物療法における注意点をまとめた。
 (2)日本老年医学会編集「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」高齢者の処方適正化スクリーニングツールにおいて「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」に掲載されている薬剤については、便覧において、●マークを付した。
 (3)便覧において、2016年1月以降に適応が拡大された薬剤については、当該適応に■マークと下線で案内した。
 (4)便覧の薬剤名欄において、単剤一般名から配合剤の商品名がわかる「配合剤の逆引き表記」を掲載した。
 現在、高齢者の薬物療法をめぐっては、ポリファーマシー(多剤処方)が、副作用の問題とともに医療費適正化の一環として注目を集め、平成28年度の診療報酬改定でもその見直しが奨励されている。
 お蔭様で、本書が長年「薬に関する情報源」のスタンダードになっているのは、このような不断の努力の賜物と考えている。編集者として大変ありがたいと思う一方で、大きな社会的責任を感じている。南江堂のスタッフの努力に感謝するとともに、これからも編集者一体となって本書をさらに使い良いものにしていきたい。

2017年1月
編集者一同