書籍

誰も教えてくれなかった 心筋梗塞とコレステロールの新常識

  • 新刊

: 伊苅裕二
ISBN : 978-4-524-24535-2
発行年月 : 2018年3月
判型 : A5
ページ数 : 146

在庫あり

定価3,024円(本体2,800円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

PCSK9阻害薬の登場により注目が高まっている脂質低下療法に関して、とくに患者さんや医療者でも誤解がある心筋梗塞患者におけるコレステロールとの付き合い方について、Q&A形式でやさしく解説。“コレステロールは高いほうがよいのか低いほうがよいのか?”、“どんな人が、どうやって、何のために下げるべき?”などの疑問から、心筋梗塞予防に有効な脂質低下薬スタチンやPCSK9阻害薬の使用に関する一般医家が抱く疑問、患者さん・医療スタッフから寄せられる質問に対して、具体的な根拠や対応までが明快に学べるオススメの一冊。

はじめに −なぜ今コレステロールが注目されるのか−
I章 心筋梗塞
 Question01.心筋梗塞とはどんな病気ですか?
 Question02.心筋梗塞による死亡数は多いでしょうか?
 Question03.心筋梗塞の治療法は何ですか?
 Question04.心筋梗塞を発症したことのある患者さんには,どのように生活指導していけばよいでしょうか?
 Question05.心筋梗塞を起こした冠動脈はどうなっていますか?
 Question06.心筋梗塞の死亡率・再発率は?
II章 生体におけるコレステロール
 Question07.コレステロールの体内での役割とその分布とは?
 Question08.血液を循環するコレステロールについてですが,油であるコレステロールは水である血液には溶けないのでは?
 Question09.LDLレセプターとは何ですか?
 Question10.LDLコレステロールの正常値を教えてください
 Question11.コレステロールを下げ過ぎるとがんになるのでしょうか?
 Question12.コレステロールを下げ過ぎると認知症や脳の病気になりませんか?
 Question13.コレステロールを下げ過ぎると脳出血が生じないか心配です
 Question14.コレステロールを下げ過ぎると死亡率が上昇してしまうのでは?
III章 コレステロールと心筋梗塞の予防
 Question15.心筋梗塞予防のためのコレステロール低下療法の原則は何ですか?
 Question16.心筋梗塞を発症したことのある患者さんのコレステロール値が正常値より低い場合,薬を減らすべきでしょうか?
IV章 家族性高コレステロール血症とPCSK9の発見
 Question17.家族性高コレステロール血症とは何ですか?
 Question18.家族性高コレステロール血症の自然歴は?
 Question19.第2,第3の家族性高コレステロール血症とは何ですか?
 Question20.PCSK9が過剰で家族性高コレステロール血症になるなら,PCSK9が少なければコレステロール値は低いのですか?
 Question21.家族性高コレステロール血症の治療は?
V章 コレステロール低下療法に用いられる薬剤
 Question22.スタチンとはどんな薬ですか?
 Question23.スタチンが心筋梗塞予防に効くという根拠について教えてください
 Question24.スタチンで一律にリスクが減るなら,なぜ全員に処方しないのですか?
 Question25.スタチンによる筋肉障害や横紋筋融解症とは?
 Question26.「医師に勧められてもスタチンを飲む必要はない」といった週刊誌の情報により,患者さんから薬をやめたいと相談されました
 Question27.エゼチミブについて教えてください
 Question28.EPAやDHAについて教えてください
 Question29.PCSK9阻害薬について教えてください
 Question30.PCSK9阻害薬を始めたら,患者さんのLDLコレステロールが148mg/dLまで下がりました.薬を減らしたほうがよいでしょうか?
 Question31.HDLコレステロールを増やす薬はありませんか?
VI章 リスク管理の諸問題
 Question32.リスク管理全般について教えてください
 Question33.夫婦でまったく同じ食べ物を食べている患者さん,一人は血液中のコレステロールが低く,もう一人が高い……なぜでしょうか?
 Question34.糖尿病患者さんから「なぜ糖尿病なのにコレステロールを下げる薬を処方されるのか?的外れでは?」と言われました
 Question35.コレステロールを下げ過ぎると低血糖のような問題が起こりませんか?
 Question36.薬剤師さんから「コレステロールが正常値より低いのにスタチンを処方されているのは誤りでは?」と問い合わせが入りました
 Question37.「私は心筋梗塞のハイリスクですか?」と患者さんから聞かれることはありませんか?
 Question38.検診結果がLDLコレステロール148mg/dLで高値といわれ受診してきた患者さん,即治療開始でしょうか?
 Question39.高コレステロールの場合,コレステロール制限食が治療の基本ではないのですか?
 Question40.「酸化LDLが悪いので,スタチンをやめて抗酸化効果のあるビタミンEを内服したいです」と患者さんに聞かれたらどうすればよいでしょうか?
 Question41.透析中の患者さんのコレステロール管理はどうしたらよいでしょうか?
 Question42.高齢患者さんのコレステロールは気にしたほうがよいでしょうか?
索引

序文

 本書は、心筋梗塞患者さんの指導に携わる医療従事者のために、コレステロール低下療法やコレステロールの管理といった治療・指導についての基本事項をわかりやすく解説したものです。
 心筋梗塞患者さんには、リハビリテーション、生活指導、栄養指導、薬物指導、冠動脈インターベンションなど様々な方面から医師、看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士、放射線技師、臨床工学技士、そのほか多くの医療スタッフの方が携わっています。
 読者の皆さんは、コレステロール低下療法に関して様々な誤解や偏見を持っている方が受診してきた際や、あるいはマスコミから偏った報道がされたときなどに、患者さんへの指導が難しいと感じられたことはないでしょうか。
 私は、多くの心筋梗塞患者さんの診療に携わってきました。心筋梗塞の再発予防に最大限の努力をしたにもかかわらず、残念ながら再発を少なからず経験しました。これは、再発予防の医療としては失敗であったわけで、何とかできないかとの問題意識を抱いてきました。
 最近、PCSK9阻害薬が発売され、コレステロールを下げようと思えばいくらでも下げることができる時代になりました。しかし、コレステロール低下療法の基本が医療スタッフ間で共有できていないと、正しい治療法を多くの患者さんに届けられないという限界も感じています。
 そこで本書は、心筋梗塞やコレステロール低下に関して専門外の先生方がよく抱かれる疑問や患者さんからよく質問される内容について、対応できるように逐一答える形式で執筆させていただきました。必要なときに必要なところを拾い読みしていただき、患者指導に使えると思いますし、通読いただければ全体像もわかるように努めました。本書により、基本的なコレステロール低下療法・コレステロール管理について、理解を深め、関係する医療スタッフ間で知識や情報を共有でき、よりよい診療を患者さんに届けられるようにと思います。ひいては、日本全体の心筋梗塞による死亡率がさらに低下することを願っています。

2018年2月
東海大学医学部内科学系循環器内科 教授
伊苅裕二