書籍

生化学ガイドブック改訂第3版増補

: 遠藤克己/三輪一智
ISBN : 978-4-524-24363-1
発行年月 : 2006年9月
判型 : B5
ページ数 : 390

在庫あり

定価3,456円(本体3,200円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

生化学の知識を簡潔なマップ形式にまとめたテキスト。第3版刊行時から増え続ける新知見を単なる情報の羅列にならぬよう配慮しつつ盛り込んで記載の充実をはかるとともに、効果的な色分けにより図の見やすさをいっそう高めている。医薬化学系学生の要点整理のために、また周辺研究者が生化学のアウトラインを知るためにも最適の教科書。

1. 糖質
2. 脂質
3. タンパク質
4. 核酸
5. 酵素
6. ビタミン
7. 消化と吸収
8. 糖質の代謝
9. 脂質の代謝
10. タンパク質の代謝
11. 核酸の代謝
12. 遺伝情報
13. 無機質
14. ホルモン
15. 細胞
16. エネルギー代謝
17. ポルフィリン
18. 水・血液・尿

生化学年表
生化学略語集
日本語索引
外国語索引

「はてしなく広がる紺碧の海、澄みわたる空、燦然と輝く太陽、こういう景観を前にすると、いつともなく心が躍るものである。生化学という世界を垣間見たときも同じ心地がする」という書出しで『生化学ガイドブック』が刊行されたのは1965年のことである。1969年には改訂にともない『新生化学ガイドブック』と改めた。1975年には最初の著者、吉岡政七先生を失った。1988年には三輪一智が加わった。その際に、B5版に改め、最初の書名にもどした。
 「広い知識と深い理論の上になり立った“生化学”のような科目を習得するには、多くの時間とたゆまぬ努力が必要である。このようなときに、知識の理解と整理を効率よく行うには、縦横に活用できる表の形式にまとめるのが効果的である」と、41年前の初版の序は述べている。この精神は今も引き継いでいる。
 今回の増補版の基となる改訂第3版が刊行されたのは1996年の秋であるから、すでに10年の歳月が流れた。この間、幸いにして広く読者の方々の支持を頂戴することができ、増刷を重ねてきたが、そのつど、誤植等の訂正はもちろん、部分的ではあるものの、新しい記述に改めたり、図を手直しして、細かい修正を行ってきた。
 今回、3版の基本構成と総頁数を維持しつつ全体の見直しを行う「増補」という形で世に送り出すこととし、編集にあたって、今まで積み重ねてきた修正の整合性をはかりつつ、さらに最新の学問の進歩に合わせて重要な新知見をできるだけ取り入れることをこころがけた。また、2色刷りをより有効活用したわかりやすい図と紙面の見やすさも、可能な限り追求したつもりである。
 しかしながら、どれだけ所期の目的が達成されたか、いささか心もとない。この点については、読者の皆様からのご批判、ご示唆をいただければ幸いである。
 最後に、参考とした多くの書物の著者に深く敬意を表します。とくに、亡き吉岡政七先生には感謝の申しあげようもありません。
2006年8月
著者
(一部改変)