雑誌

別冊整形外科

No.59 運動器疾患に対する最小侵襲手術

編集 : 四宮謙一
ISBN : 978-4-524-27759-9
発行年月 : 2011年4月
判型 : A4
ページ数 : 258

在庫僅少

定価6,804円(本体6,300円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次

運動器疾患に対する最小侵襲手術における、最新の手術テクニック、コツ、機器など、読者にとって役立つような具体的で根拠に基づいた内容を掲載。特に人工関節、関節形成術、脊椎手術、骨折手術、筋・腱手術、末梢神経手術における中長期的な有効性を明確に示した。最小侵襲手術の功罪、今後の展開についても記載。

I.人工関節
1.股関節
  Supine modified最小侵襲Watson-Jones approachを用いた人工股関節全置換術の経験
  ナビゲーションシステムを併用した小皮切人工股関節全置換術におけるカップ設置
  最小侵襲人工股関節全置換術を有効かつ適切に行うために―アプローチ選択から術後リハビリテーションまでの実際
2.膝関節
  膝蓋骨非翻転人工膝関節全置換術の工夫
  改良型広筋下アプローチ(undervastus approach)による低侵襲人工膝関節全置換術
  ナビゲーション併用最小侵襲人工膝関節全置換術の臨床的・X線学的評価
  大腿骨側骨切りを先に行う(femur first cut手技)Oxford型人工膝関節単顆型置換術

II.関節形成術(関節内外靱帯・関節包損傷を含む)
1.関節鏡
 1)上肢
  母指の関節鏡視下手術における適応と手技の実際
  手指中手指節・近位指節間関節の鏡視下滑膜切除術
 2)下肢
  スポーツ選手の足関節後方インピンジメント症候群に対する鏡視下手術
  鏡視下足関節固定術の骨癒合に及ぼす影響因子
2.小切開
  低侵襲かつ短い皮膚切開で行う寛骨臼回転骨切り術
  陳旧性足関節外側靱帯損傷に対する残存靱帯を用いた低侵襲再建術(靱帯前進縫着法)の有用性

III.脊椎手術
1.除圧術
  経皮的内視鏡経椎弓アプローチ(PETA)の開発
  腰椎椎間板ヘルニアに対する経皮的内視鏡下椎間板摘出術
  腰部脊柱管狭窄症に対する黄色靱帯浮上術
  腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎棘突起縦割式椎弓切除術の有効性
  頚部神経根症に対する顕微鏡視下低侵襲頚椎後方除圧術―臨床症状からみた適応と問題点
2.矯正・再建術
  胸腰椎疾患に対する低侵襲脊椎固定術のコツ
  腰椎変性疾患に対するtubular retractorと経皮的椎弓根スクリューを用いた最小侵襲経椎間孔腰椎椎体間固定術の術後中期成績
  腰椎変性すべり症と腰椎変性(後)側弯症に対する最小侵襲椎間孔腰椎椎体間固定術の手術手技
  腰椎変性すべり症に対する経筋膜的刺入椎弓根スクリューシステム併用低侵襲片側後側方固定術

IV.骨折手術
1.長管骨
  小児大腿骨骨幹部骨折に対する皮下プレート法
  大腿骨転移性骨腫瘍に対する最小侵襲手術としての内固定術の検討
2.関節・近傍骨折
  橈骨遠位端変形治癒骨折に対するb−リン酸三カルシウムを用いた最小侵襲手術
  Minimally invasive plate osteosynthesis法による橈骨遠位端骨折の治療経験
  手指骨折に対してサファイアピンを用いた最小侵襲手術と早期可動域訓練
  ボクサー骨折に対しKirschner鋼線1本のみを用いたintrafocal pinningによる低侵襲固定法
  手指の関節近傍骨折に対する鋼線固定
  マレット骨折に対するマイクロスクリュー固定法
  膝蓋骨骨折に対するポリエチレン編糸を用いた小皮切骨接合術
  All-inside meniscal repair systemを用いた脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下縫合固定術の工夫

V.筋・腱手術
  新鮮アキレス腱断裂に対する半経皮的縫合術

VI.末梢神経手術
  スリット付きエレバトリウムとカーブドメスホルダーを用いた手根管開放術

VII.最小侵襲手術の功罪
1.術後成績(特に中長期)
  腰椎すべり症に対する小切開を用いた腰椎前方固定術(mini−ALIF)
  後側方アプローチによる最小侵襲人工股関節全置換術の中期成績と手術手技
  Intermuscular anterolateral approach法による最小切開人工股関節全置換術の成績と器械改良―double offset broach handleの考案作成と臨床応用
  Mini-subvastus approachを用いた最小侵襲人工膝関節全置換術の臨床成績とその有用性
  大腿骨骨幹部骨折後偽関節に対する閉鎖式髄内釘置換術の臨床成績
  手指内軟骨腫治療の進歩―鏡視下掻爬術

2.医療経済への影響
  最小侵襲手術の医療経済への影響を考える

VIII.最小侵襲手術の最近の開発状況と今後の展開―開発のコンセプト(細胞医療を含む)
  外科の新時代を拓く half-millimeter microsurgery