書籍

メディカルスタッフのための栄養療法ハンドブック

編集 : 佐々木雅也
ISBN : 978-4-524-26754-5
発行年月 : 2014年3月
判型 : B6変
ページ数 : 328

在庫あり

定価3,024円(本体2,800円 + 税)


正誤表

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

臨床栄養に必要な主要知識・データを収録し、ポケットサイズに編集。解剖生理、代謝、各栄養素、アセスメント等の知識をコンパクトに解説した「準備編」、現場で必要となる経腸・静脈栄養、病態栄養のデータを網羅した「実践編」の二部構成で、実践しながら正しい知識が身につく。看護師、管理栄養士だけでなく、チーム医療に携わる全スタッフで共有すべき情報をまとめた充実の一冊。

準備編
I 解剖・生理
 1.口腔・食道の解剖と摂食・嚥下の流れ
 2.口腔・咽頭の知覚神経支配と唾液分泌
 3.消化管の解剖
 4.各種栄養素の吸収部位
 5.主な消化管ホルモンと生理作用
 6.栄養素の消化過程と消化酵素
 7.便秘の病態と原因疾患
 8.下痢の病態と原因疾患
 9.嘔吐の病態と原因疾患
II 三大栄養素の代謝と機能
 1.糖質の働きと代謝
 2.アミノ酸・タンパク質の働きと代謝
 3.脂質の働きと代謝
 4.多価不飽和脂肪酸の代謝
III ビタミン・微量元素
 1.水溶性ビタミンの作用および欠乏症
 2.脂溶性ビタミンの作用および欠乏症と過剰症
 3.微量元素の生体内機能および欠乏症と過剰症
IV 生体の水分・電解質(組成)
 1.身体の構成比率
 2.体液区分と電解質組成
 3.体液分布割合の変化
 4.電解質の主な役割
 5.消化液の電解質組成
 6.生体内の水分平衡
V 飢餓と侵襲神谷貴樹
 1.飢餓に対するエネルギー代謝の変動
 2.侵襲後の経過と尿中窒素排泄量
 3.侵襲時の臓器間代謝と各種ホルモンの作用
 4.栄養状態による急性疾患への反応の違い
VI スクリーニングとアセスメント
 1.除脂肪量の減少と窒素死
 2.栄養不良の分類とパラメータの変化
 3.栄養アセスメントの流れ
 4.栄養スクリーニング・アセスメントの方法
 5.SGA
 6.MNAR
 7.MUST
 8.NRS2002
 9.体重変化率とBMIによる評価
 10.栄養パラメータ
 11.人体の構成成分からみた栄養評価の指標
 12.上腕周囲および上腕筋囲
 13.血液・生化学評価項目と判定基準
 14.アルブミンの体内動態
 15.栄養指標となる血清タンパクの種類と特徴
 16.アルブミンとRTPを組み合わせた評価
 17.窒素バランスの算出法
 18.エネルギー消費量の算出
 19.エネルギー必要量の算出式
 20.簡易式による疾患別標準体重あたりのエネルギー必要量
 21.タンパク質必要量基準
 22.水分必要量
実践編
I 各種栄養療法とその選択
II 経腸栄養法
 A.経腸栄養法の適応と禁忌−経腸栄養の禁忌
 B.投与経路−経腸栄養のアクセス
 C.投与方法−PEGのデバイス
 D.経腸栄養剤
 E.各種病態における経腸栄養剤の選択
 F.合併症とその対策
III 静脈栄養法
 A.静脈栄養法の適応と禁忌
 B.投与経路
 C.静脈栄養法の合併症
 D.静脈栄養剤
 E.静脈栄養法のピットフォール
 F.静脈栄養法と医薬品
IV 病態別の栄養療法
 A.呼吸器疾患(COPD)丈達知子
 B.肝疾患
 C.膵疾患
 D.肥満症
 E.糖尿病
 F.腎疾患
 G.がん
 H.周術期
 I.腸疾患
 J.短腸症候群
 K.神経性食欲不振症
 L.脳血管疾患
 M.摂食・嚥下障害
 N.褥瘡
 O.高齢者
 P.救急疾患
 Q.心疾患
V 小児に対する栄養療法
 1.体液構成・水分必要量・電解質
 2.小児の簡易推定エネルギー・タンパク質必要量
 3.小児の簡易推定脂質・糖質必要量
 4.小児の食事摂取基準
■付録
 I.嚥下機能の評価
 II.食事摂取基準
 III.在宅栄養療法
 IV.経管栄養不適薬品
 V.DESIGN-R(褥瘡経過評価用)
 VI.経腸栄養剤一覧
索引

栄養サポートチーム(NST)は、すでに全国1,500以上の病院で稼働し、組織横断的なチーム医療が展開されています。また、栄養スクリーニングや栄養アセスメント、栄養管理のプランニングを実施するために病棟担当栄養士が設置され、管理栄養士が患者と直接関わることも多くなっています。薬剤師の病棟配置には「病棟薬剤業務実施加算」が診療報酬でも認められ、薬剤師が病棟の輸液管理や静脈栄養法のマネジメントに携わることも日常業務の一環となっています。
 このように、医師や看護師のみならず、管理栄養士や薬剤師が病棟で入院患者と接する機会が増えるなかで、「病棟やベッドサイドで栄養管理に関わる際に、大きな成書ではなく、辞書代わりに簡単に使えるハンドブックがあれば便利なのに…」との声がよく聴かれます。そういった要望に応えようと編集したのが、本書『メディカルスタッフのための栄養療法ハンドブック』です。本書は栄養療法を行う上で必要となる各種データを厳選し、NSTや管理栄養士だけでなく、医師、看護師、薬剤師の先生方にもお使いいただけるよう編集し、白衣のポケットに入るサイズに纏めました。本書の特徴は、各ページに図表を挿入し、それに解説を箇条書きで加えるという形式に統一したことです。各項目は原則としてすべて1ページに収め、実践的な内容とし、理解しやすくなるように工夫しました。病院だけではなく、在宅医療の現場でもお使いいただける一書になったと自負しております。
 本書を常に手元にお持ちいただいて、困った時にはこの本で調べてみて下さい。そこに答えが見つかると思います。

2014年1月
佐々木雅也