書籍

今日の臨床検査2015-2016

監修 : 櫻林郁之介
編集 : 矢冨裕/廣畑俊成/山田俊幸/石黒厚至
ISBN : 978-4-524-26155-0
発行年月 : 2015年1月
判型 : B6
ページ数 : 700

在庫あり

定価5,184円(本体4,800円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文
  • 書評

膨大な臨床検査の情報を臨床に即した分類でコンパクトにまとめた、隔年改訂の好評書。保険収載されている検査につき、検体・検査対象物質などをまとめた「概説」と、各検査の目的、方法、判読のポイントなどの「解説」で構成。2015-2016年版では、病型分類やフォローアップに必要な検査をまとめた「主要病態の検査」に、新たに「肝癌」「ヘリコバクター・ピロリ感染症」「AKI」「認知症」を追加した。

臨床検査最近の動向
主要病態の検査
 1 脂質異常症
 2 糖尿病
 3 甲状腺機能異常
 4 高血圧
 5 虚血性心疾患
 6 心不全
 7 ヘリコバクター・ピロリ感染症
 8 ウイルス性肝炎(急性・慢性)
 9 肝硬変、肝癌
 10 脂肪肝、NASH
 11 膵炎
 12 ネフローゼ症候群
 13 AKI
 14 CKD
 15 市中肺炎
 16 結核、非結核性抗酸菌症
 17 気管支喘息、COPD
 18 貧血
 19 造血器腫瘍
 20 DIC
 21 関節リウマチ
 22 膠原病
 23 血管炎症候群
 24 骨粗鬆症
 25 認知症
検査解説
1.尿検査
 1 尿の採取および保存法
 2 試験紙による尿スクリーニング検査
 3 尿量
 4 尿外観
 5 尿蛋白(定性、半定量、定量)
 6 尿糖(定性、半定量、定量)
 7 尿比重
 8 尿pH
 9 尿ウロビリノゲン(定性、定量)
 10 尿ビリルビン(定性)
 11 尿ケトン体(定性)
 12 尿潜血反応
 13 尿沈渣
 14 フローサイトメトリー法による尿中有形成分定量測定
2.便検査
 1 便潜血反応
 2 ヘモグロビン、トランスフェリン
 3 キモトリプシン
 4 虫卵・虫体検査
 5 ビリルビン、ウロビリノゲン
3.喀痰検査
 1 採取法
 2 肉眼的検査
 3 顕微鏡的検査(細胞診)
 4 細菌学的検査
4.末梢血球検査
 1 赤血球数(RBC)、ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Ht)
 2 赤血球恒数
 3 網赤血球数
 4 赤血球抵抗試験
 5 動的赤血球膜物性検査
 6 ヘモグロビンF(HbF)
 7 赤血球酵素
 8 白血球数(WBC)
 9 末梢血液像
 10 好中球アルカリホスファターゼ(NAP)スコア
 11 血小板数
 12 血液粘度
5.骨髄検査
 1 骨髄穿刺
 2 骨髄標本の作製と細胞数の算定
 3 骨髄像の観察
 4 特殊染色
 5 白血病の分類
6.造血器腫瘍関連検査
■6-A.細胞表面マーカー
 1 DNAヒストグラム解析
 2 白血病タイピング(造血器腫瘍細胞抗原検査)
 3 CCR4蛋白
■6-B.造血器腫瘍関連遺伝子検査
 4 血液細胞核酸増幅同定検査(造血器腫瘍遺伝子検査)
 5 免疫関連遺伝子再構成
 6 major BCR-ABL1キメラmRNA定量
 7 WT1mRNA定量
7.遺伝子検査
■7-A.先天性疾患遺伝子検査
 1 ジストロフィン遺伝子
 2 福山型先天性筋ジストロフィー遺伝子
 3 ミトコンドリア遺伝子
■7-B.腫瘍関連遺伝子検査(造血器腫瘍を除く)
 4 KRAS遺伝子
 5 P53遺伝子
 6 BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子
 7 HER2遺伝子
 8 CEA遺伝子
 9 サイトケラチン19(KRT19)遺伝子
 10 EGFR遺伝子
 11 ALK融合遺伝子
 12 C-KIT遺伝子
 13 マイクロサテライト不安定性検査
 14 悪性骨軟部組織腫瘍遺伝子検査
 15 テロメラーゼ活性
■7-C.感染症核酸・遺伝子検査一覧
8.染色体検査
 1 染色体検査の概要
 2 先天性疾患染色体検査
 3 造血器腫瘍染色体検査
9.血栓・止血検査
 1 出血時間
 2 毛細血管抵抗試験
 3 血小板機能検査
  a)血小板凝集能
  b)血小板粘着能
 4 血餅収縮能
 5 全血凝固時間
 6 活性化全血凝固時間
 7 トロンボエラストグラフィ(TEG)
 8 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
 9 プロトロンビン時間(PT)
 10 フィブリノゲン
 11 トロンボテスト(TT)
 12 ヘパプラスチンテスト(HPT)
 13 アンチトロンビン(AT)
 14 トロンビン・アンチトロンビン複合体(TAT)
 15 プロトロンビンフラグメントF1+
 16 プロトロンビン(第II因子)
 17 第V因子
 18 第VII因子
 19 第VIII因子
 20 第IX因子
 21 第X因子
 22 第XI因子
 23 第XII因子
 24 第XII因子
 25 vonWillebrand因子抗原(VWF:Ag)、vonWillebran d因子活性
 26 von Willebran d因子マルチマー解析
 27 von Willebran d因子切断酵素(ADAMTS13)
 28 プロテインC(PC)
 29 プロテインS(PS)
 30 プラスミノゲン(Plg)
 31 フィブリンモノマー複合体(FMC)
 32 フィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)
 33 Dダイマー
 34 a2-プラスミンインヒビター・プラスミン複合体(a2PIC)
 35 a2-プラスミンインヒビター(aPI)
 36 PIVKA-II(ビタミンK欠乏性蛋白-II)
 37 b-トロンボグロブリン(b-TG)、血小板第4因子(PF4)
 38 プラスミノゲンアクチベーターインヒビター-1(PAI-1)
 39 組織プラスミノゲンアクチベーター・プラスミノゲンアクチベーターインヒビター-1複合体(tPA-PAI-1-C)
 40 トロンボモジュリン(TM)
 41 第VIII因子インヒビター
 42 第IX因子インヒビター
 43 ループスアンチコアグラント(LA)
 44 ヘパリン
 45 抗ヘパリン・PF4複合体抗体(HIT抗体:IgG、IgMおよびIgA抗体)
10.輸血・血液型検査
 1 ABO式血液型
 2 Rh式血液型
 3 その他の血液型
 4 交差適合試験
 5 不規則抗体スクリーニング
 6 Coombs試験、抗グロブリン試験、赤血球Coombs試験
 7 血液型関連糖転移酵素活性検査
11.HLA検査
 1 抗体検査
 2 細胞性免疫学的タイピング
 3 DNAタイピング
12.糖代謝検査
 1 グルコース(血糖)
 2 ヘモグロビンA1c(HbA1c)
 3 グリコアルブミン
 4 フルクトサミン
 5 AGE
 6 ガラクトース
 7 キシロース
 8 フルクトース(果糖)
 9 ケトン体分画
 10 ピルビン酸キナーゼ(PK)
 11 1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)
 12 ミオイノシトール
13.脂質代謝検査
 1 コレステロール
 2 LDL-コレステロール(LDL-C)
 3 HDL-コレステロール(HDL-C)
 4 トリグリセリド(TG)
 5 リン脂質
 6 遊離脂肪酸(FFA)
 7 リポ蛋白分画
 8 リポ蛋白X定性(Lp-X)
 9 アポ蛋白(Apo)
 10 アポ蛋白E表現型
 11 リポ蛋白(a)(Lp(a))
 12 レムナント様リポ蛋白コレステロール(RLP-C)
 13 小粒子LDL
 14 MDA-LDL(酸化LDL)
 15 過酸化脂質
 16 リポ蛋白リパーゼ(LPL)
 17 肝性トリグリセリドリパーゼ(HTGL)
 18 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)
 19 リポ蛋白レセプター
 20 コレステリルエステル転送蛋白(CETP)
14.電解質、ビタミン、無機質代謝検査
 1 ナトリウム(Na)
 2 カリウム(K)
 3 クロル(Cl)
 4 カルシウム(Ca)、イオン化カルシウム
 5 無機リン(P)
 6 マグネシウム(Mg)
 7 浸透圧
 8 ビタミンA
 9 ビタミンB
 10 ビタミンB
 11 ビタミンB
 12 ビタミンB
 13 ビタミンB12不飽和結合能
 14 葉酸
 15 ビタミンC
 16 ビタミンD(25-ヒドロキシビタミンD)、1,25-ジヒドロキシビタミンD、24,25-ジヒドロキシビタミンD
 17 ビタミンE
 18 カロテン
 19 カルニチン
 20 ニコチン酸
 21 鉄(Fe)
 22 総鉄結合能(TIBC)、不飽和鉄結合能(UIBC)
 23 トランスフェリン(Tf)
 24 フェリチン
 25 銅(Cu)
 26 鉛(Pb)
 27 亜鉛(Zn)
 28 マンガン(Mn)
 29 クロム(Cr)
 30 ニッケル(Ni)
 31 アルミニウム(Al)
15.骨代謝関連検査
 1 オステオカルシン(BGP、OC)
 2 低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)
 3 骨型アルカリホスファターゼ(BAP)
 4 I型プロコラーゲンC端プロペプチド(P1CP)
 5 インタクトI型プロコラーゲン-N-プロペプチド(intact P1NP)
 6 トータルI型プロコラーゲン-N-プロペプチド(total P1NP)
 7 ピリジノリン(PYD)/デオキシピリジノリン(DPD)
 8 I型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTx)
 9 I型コラーゲン架橋C-テロペプチドb異性体(b-クロスラプス)
 10 I型コラーゲンC-テロペプチド(1CTP)
 11 骨密度(BMD)
16.肝・胆道機能検査
 1 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)
 2 ミトコンドリアAST(m-AST)
 3 アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
 4 乳酸脱水素酵素(LD、LDH)
 5 乳酸脱水素酵素アイソザイム
 6 アルカリホスファターゼ(ALP)
 7 アルカリホスファターゼアイソザイム
 8 骨型アルカリホスファターゼ(BAP)
 9 ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)
 10 c-グルタミルトランスペプチダーゼ(c-GT、c-GTP)
 11 コリンエステラーゼ(ChE)
 12 チモール混濁試験(TTT)
 13 硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)
 14 IV型コラーゲン、IV型コラーゲン・7S
 15 プロコラーゲンタイプIIIペプチド(P-III-P)
 16 胆汁酸(総胆汁酸)
 17 胆汁酸抱合体分画
 18 グリココール酸
 19 尿中硫酸抱合型胆汁酸(USBA)
 20 アンモニア(NH3)
 21 総ビリルビン(TB、T-Bil)
 22 直接ビリルビン
 23 間接ビリルビン
 24 アルブミン非結合型ビリルビン
 25 インドシアニングリーン(ICG)試験
17.腎機能検査
 1 血中尿素窒素(BUN)
 2 クレアチニン(Cr)
 3 尿酸(UA)
 4 N-アセチル-b-D-グルコサミニダーゼ(NAG)
 5 尿中アルブミン
 6 尿中マイクロトランスフェリン
 7 b2-マイクログロブリン(BMG)
 8 a1-マイクログロブリン(AMG)
 9 シスタチンC
 10 ペントシジン
 11 イヌリンクリアランス(Cin)
 12 クレアチニンクリアランス(Ccr)
 13 パラアミノ馬尿酸クリアランス(Cpah)
 14 尿素クリアランス
 15 フェノールスルホンフタレイン(PSP)試験
 16 Fishberg濃縮試験
 17 結石鑑別
 18 尿中IV型コラーゲン
 19 ミオイノシトール
 20 L型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)(尿)
18.酵素検査
 1 クレアチンキナーゼ(CK)
 2 CKアイソザイム
 3 CK-MB
 4 CKアイソザイムアノマリー
 5 CKアイソフォーム
 6 アルドラーゼ
 7 酸ホスファターゼ(ACP)
  a)酸ホスファターゼ(ACP)
  b)前立腺酸ホスファターゼ(PAP)
  c)酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRACP)
 8 リゾチーム(LZM)
 9 アデノシンデアミナーゼ(ADA)
 10 b-グルクロニダーゼ(b-GL)
 11 シスチンアミノペプチダーゼ(CAP)
 12 カタラーゼ
 13 グアナーゼ(GU)
 14 アリルスルファターゼA
 15 チミジンキナーゼ活性(TK)
 16 2′,5′-オリゴアデニル酸合成酵素活性(2-5AS)
19.血清蛋白、その他の生化学検査
 1 総蛋白(TP)
 2 アルブミン(Alb)
 3 アルブミン/グロブリン比(A/G比)
 4 蛋白分画
 5 免疫電気泳動(IEP)
 6 レチノール結合蛋白(RBP)
 7 トランスサイレチン(プレアルブミン)
 8 ミオシン軽鎖I
 9 トロポニンT
 10 トロポニンI
 11 ヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP)
 12 ミオグロビン
 13 パイログロブリン(熱グロブリン)定性
 14 クリオグロブリン(寒冷グロブリン)定性
 15 Bence Jones蛋白(BJP)同定
 16 ヒアルロン酸
 17 c-アミノ酪酸(GABA)
 18 アミノ酸分析
 19 総分岐鎖アミノ酸/チロシンモル比(BTR)
 20 ホモシステイン
 21 ヒドロキシプロリン(総、遊離)
 22 チロシン
 23 d-アミノレブリン酸(ALA)
 24 ポルフィリン
  a)コプロポルフィリン
  b)ウロポルフィリン
  c)プロトポルフィリン
  d)ポルホビリノゲン
 25 ピルビン酸
 26 乳酸
 27 2,3-ジホスホグリセリン酸(2,3-DPG)
 28 シアル化糖鎖抗原KL-
 29 サーファクタントプロテインA(SP-A)
 30 サーファクタントプロテインD(SP-D)
 31 羊水中肺サーファクタントアポ蛋白A
 32 コエンザイムQ10(CoQ10)
20.膵・消化管機能検査
 1 アミラーゼ(Amy)
 2 アミラーゼアイソザイム、アイソアミラーゼ
  a)P型
 3 アミラーゼ/クレアチニンクリアランス比(ACCR)
 4 リパーゼ(Lp)
 5 エラスターゼI
 6 トリプシン
 7 膵分泌性トリプシンインヒビター(PSTI)
 8 膵ホスホリパーゼA
 9 PFD試験
 10 セクレチン試験
 11 血清酵素逸脱誘発試験
 12 D-キシロース吸収試験
 13 ガストリン刺激試験
 14 ペプシノゲン(PG)
21.動脈血ガス分析と酸塩基平衡
■21-A.動脈血ガス分析
 1 動脈血酸素分圧(Pao2)
 2 酸素飽和度(Sao2)
 3 動脈血CO2分圧(Paco2)
■21-B.酸塩基平衡
 4 動脈血pHおよび水素イオン濃度
 5 重炭酸イオン(HCO3-)濃度
 6 standard bicarbonate(SB)
 7 buffer base(BB)
 8 base excess(BE)
22.炎症マーカー検査
 1 赤血球沈降速度(赤沈、血沈)(ESR)
 2 C反応性蛋白(CRP)
 3 高感度CRP
 4 血清アミロイドA蛋白(SAA)
 5 プロカルシトニン(PCT)
 6 プレセプシン
 7 免疫グロブリン(Ig)
 8 免疫グロブリンG4(IgG4)
 9 免疫グロブリンL鎖j/k比
 10 免疫グロブリン遊離L鎖j/k比
 11 インターフェロン
 12 抗インターフェロン抗体
 13 a1-酸性糖蛋白(a1-AG)
 14 ムコ蛋白定量
 15 a1-アンチトリプシン(a1-AT)
 16 a2-マクログロブリン(a2-MG、a2-M)
 17 ハプトグロビン(Hp)
 18 ヘモペキシン
 19 セルロプラスミン(Cp)
 20 血清補体価(CH50)
 21 補体成分の蛋白量測定
 22 顆粒球エラスターゼ
 23 子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ
 24 頸管腟分泌液中癌胎児性フィブロネクチン(fFN)
 25 マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)
 26 APR スコア
 27 腟分泌液中インスリン様成長因子結合蛋白-
23.アレルギー検査
 1 免疫グロブリンE(IgE)(総IgE)
 2 涙液中総IgE定性
 3 アレルゲン特異IgE抗体
  a)イムノキャップ特異的IgE
  b)イムライズアラスタットIgEII
  c)オリトンIgE
  d)マストイムノシステムズIII
  e)Viewアレルギー(View allergy)
  f)イムノキャップラピッド(ImmunoCAP Rapid)
  g)イムファストチェックJ1/J
 4 アトピー鑑別試験(ファディアトープ)
 5 ヒスタミン遊離試験、アレルゲン刺激性遊離ヒスタミン遊離試験(HRT)
 6 鼻汁好酸球
 7 TARC(thymus and activationregulated chemokine)
 8 トリコスポロン・アサヒ抗体
24.自己免疫疾患関連検査
 1 リウマトイド因子(RF)に関する検査
  a)RA試験
  b)RAPA(rheumatoid arthritis particle agglutination)
  c)Waaler-Rose反応
  d)RF定量
 2 免疫グロブリンG(IgG)型RF
 3 抗ガラクトース欠損IgG抗体
 4 抗CCP抗体
 5 マトリックスメタロプロテアーゼ-
 6 免疫複合体(IC)
 7 抗核抗体(ANA)
 8 LE細胞現象試験
 9 LE試験
 10 血小板関連IgG(PAIgG)
 11 抗血小板抗体
 12 抗白血球抗体
 13 抗ミトコンドリア抗体(AMA)
 14 抗ミトコンドリア-M2抗体
 15 抗平滑筋抗体
 16 抗肝腎マイクロゾーム抗体(抗LKM-1抗体)
 17 抗横紋筋抗体、抗骨格筋抗体
 18 抗心筋抗体
 19 抗皮膚抗体、抗デスモグレイン抗体
 20 血清中抗BP180NC16a抗体
 21 抗胃壁細胞抗体
 22 抗内因子抗体
 23 TSH受容体抗体
 24 甲状腺刺激型抗体(TSH刺激型レセプター抗体)
 25 抗DNA抗体
 26 抗dsDNA抗体
 27 抗ssDNA抗体
 28 抗RNP抗体
 29 抗Sm抗体
 30 抗SS-A抗体、抗SS-B抗体
 31 抗Scl-70抗体(抗トポイソメラーゼI抗体)
 32 抗セントロメア抗体
 33 抗RNAポリメラーゼIII抗体
 34 抗Jo-1抗体
 35 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体(抗ARS抗体)
 36 抗カルジオリピン抗体、抗カルジオリピン-b2GP1複合体抗体
 37 ループスアンチコアグラント
 38 抗好中球細胞質抗体(ANCA)
 39 抗副腎皮質抗体
 40 抗アセチルコリン受容体抗体
 41 抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体(抗MuSK抗体)
 42 抗アクアポリン4抗体(抗AQP抗体)
 43 抗レチクリン抗体
 44 抗膵島細胞質抗体(ICA)
 45 抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ抗体(抗GAD抗体)
 46 抗IA-2抗体
 47 抗インスリン受容体抗体(INSR-Ab)
 48 抗糸球体基底膜抗体(抗GBM抗体)
 49 Donath-Landsteiner試験
 50 寒冷凝集反応(CA)
 51 抗GM1IgG抗体
 52 抗GQ1b IgG抗体
25.細胞性免疫検査
 1 T細胞B細胞比率
 2 リンパ球幼若化検査
 3 薬剤によるリンパ球幼若化検査:リンパ球刺激試験(DLST)
 4 抗原特異的細胞障害性T細胞解析[MHC(HLA)テトラマー]
 5 Bリンパ球表面免疫グロブリン
 6 リンパ球サブセット検査
 7 ナチュラルキラー(NK)細胞
 8 TdT活性
 9 フローサイトメトリーのtwocolor分析法による赤血球検査
 10 CD34陽性細胞定量
26.感染症検査
■26-A.ウイルス感染症検査
 1 A型肝炎ウイルス抗体
 2 B型肝炎ウイルス抗原・抗体
 3 B型肝炎ウイルス核酸定量
 4 HBV遺伝子型別(ジェノタイプ判定)
 5 HBV核酸プレコア/コアプロモーター変異検出
 6 HBV薬剤耐性変異解析
 7 C型肝炎ウイルス抗原・抗体
 8 C型肝炎ウイルス核酸同定・定量
 9 HCV遺伝子型別(ジェノタイプ判定)
 10 E型肝炎ウイルス抗体
 11 E型肝炎ウイルス核酸同定
 12 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-I)抗体
 13 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗原・抗体
 14 HIV-1核酸同定・定量
 15 HIV-ジェノタイプ薬剤耐性検査
 16 風疹ウイルス抗体
 17 麻疹ウイルス抗体
 18 ムンプスウイルス抗体
 19 EBウイルス抗体
 20 Paul-Bunnel反応
 21 Davidsohn吸収試験
 22 ヒトパルボウイルスB19抗体
 23 インフルエンザウイルス抗原・抗体
 24 RSウイルス抗原・抗体
 25 ヒトメタニューモウイルス抗原
 26 サイトメガロウイルス抗原・抗体
 27 アデノウイルス抗原・抗体
 28 ロタウイルス抗原・抗体
 29 ノロウイルス核酸同定
 30 ノロウイルス抗原
 31 単純ヘルペスウイルス抗原・抗体
 32 水痘・帯状ヘルペスウイルス抗原・抗体
 33 ヒトパピローマウイルス核酸同定
 34 HPV遺伝子型別(ジェノタイプ判定)
 35 SARSコロナウイルス核酸同定
 36 ウエストナイルウイルス核酸同定
■26-B.細菌感染症検査
(1)一般細菌感染症検査
 37 細菌顕微鏡検査
 38 細菌培養同定検査
 39 細菌薬剤感受性検査
 40 白血球中細菌核酸同定
 41 黄色ブドウ球菌ペニシリン結合蛋白2'(PBP-2')
 42 黄色ブドウ球菌メチシリン耐性遺伝子同定
 43 A群b溶血性連鎖球菌
 44 抗ストレプトリジンO(ASO)
 45 抗ストレプトキナーゼ(ASK)
 46 肺炎球菌抗原
 47 エンドトキシン
 48 腸管出血性大腸菌O157抗原、ベロ毒素
 49 大腸菌O157-LPS抗体
 50 Widal反応
 51 インフルエンザ菌抗原
 52 ヘモフィルス・インフルエンザb型抗原
 53 便中ヘリコバクター・ピロリ抗原
 54 ヘリコバクター・ピロリ抗体
 55 迅速ウレアーゼ試験(RUT)
 56 13C-尿素呼気試験(13C-UBT)
 57 レジオネラ抗原
 58 レジオネラ核酸同定
 59 レジオネラ抗体
 60 淋菌核酸同定
 61 百日咳抗体
 62 ブルセラ凝集反応
 63 クロストリジウム・ディフィシル抗原
(2)抗酸菌感染症検査
 64 抗酸菌塗抹検査
 65 抗酸菌分離培養検査
 66 抗酸菌同定検査
 67 結核菌群抗原
 68 結核菌核酸同定
 69 抗酸菌薬剤感受性検査
 70 抗酸菌群核酸同定
 71 結核菌群リファンピシン耐性遺伝子
 72 結核菌群イソニアジド耐性遺伝子検出
 73 結核菌群ピラジナミド耐性遺伝子検出
 74 結核菌特異的インターフェロンc産生能
 75 マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定
 76 抗抗酸菌抗体
(3)スピロヘータ感染症検査
 77 梅毒血清反応
 78 レプトスピラ凝集反応
 79 ライム病抗体
(4)マイコプラズマ感染症検査
 80 マイコプラズマ・ニューモニエ抗原
 81 マイコプラズマ・ニューモニエ抗体
 82 マイコプラズマ・ニューモニエ核酸同定
(5)クラミジア感染症検査
 83 クラミジア・トラコマチス抗原
 84 クラミジア・トラコマチス核酸同定
 85 クラミジア・トラコマチス/淋菌同時核酸同定
 86 クラミジア・トラコマチス抗体
 87 オウム病クラミジア抗体(クラミドフィラ・シッタシ抗体)
 88 クラミドフィラ・ニューモニエ抗体
(6)リケッチア感染症検査
 89 ツツガムシ病抗体
 90 Weil-Felix反応
■26-C.真菌感染症検査
 91 酵母様真菌薬剤感受性検査
 92 カンジダ抗原
 93 クリプトコックス抗原
 94 アスペルギルス抗原
 95 D-アラビニトール
 96 (1→3)b-D-グルカン
 97 カンジダ抗体
 98 クリプトコックス抗体
 99 アスペルギルス抗体
 100 ヒストプラズマ抗体
 101 ブラストミセス抗体
■26-D.寄生虫感染症検査
 102 赤痢アメーバ抗体
 103 トキソプラズマ抗体
 104 抗アニサキス抗体
27.下垂体および下垂体機能検査
 1 甲状腺刺激ホルモン(TSH)
 2 成長ホルモン(GH)
 3 黄体形成ホルモン(LH)
 4 卵胞刺激ホルモン(FSH)
 5 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
 6 プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)
 7 バソプレシン(抗利尿ホルモン)
 8 オキシトシン(OT)
 9 メラトニン
 10 ソマトメジンC(SM-C)、インスリン様成長因子-I(IGF-I)
 11 インスリン様成長因子-II(IGF-II)
 12 インスリン様成長因子結合蛋白-3型(IGFBP-3)
28.甲状腺機能検査
 1 甲状腺刺激ホルモン(TSH)
 2 甲状腺ホルモン(TH)
  a)遊離サイロキシン(FT4)
  b)遊離トリヨードサイロニン(FT3)
  c)サイロキシン(T4)
  d)トリヨードサイロニン(T3)
 3 サイロキシン結合グロブリン(TBG)
 4 サイログロブリン(Tg)
 5 抗サイログロブリン抗体(サイロイドテスト)
  a)抗サイログロブリン抗体(サイロイドテスト)(TGHA、TGPA)
  b)抗サイログロブリン抗体(TgAb)(RIA、EIA、CLEIA、ECLIA)
 6 抗甲状腺マイクロゾーム/ペルオキシダーゼ抗体
  a)抗マイクロゾーム抗体(マイクロゾームテスト)(MCHA、MCPA)
  b)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体
 7 TSH受容体抗体(TRAb)、TSH結合阻害免疫グロブリン(TBII)
 8 甲状腺刺激型抗体(TSAb)
 9 甲状腺刺激阻害型抗体(TSBAb)
 10 尿中総ヨウ素
29.副甲状腺機能検査
 1 高感度副甲状腺ホルモン(HSPTH)
 2 インタクトPTH(intact PTH)
 3 副甲状腺ホルモン(whole PTH)
 4 副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)
 5 カルシトニン(CT)
30.副腎皮質検査
 111 -ヒドロキシコルチコステロイド(11-OHCS)
 217 -ヒドロキシコルチコステロイド(17-OHCS)
 317 -ケトステロイド(17-KS)
 417 -ケトジェニックステロイド(17-KGS)
 5 コルチゾール
 6 コルチゾン
 711 -デオキシコルチコステロン(DOC)
 8 コルチコステロン
 9 アルドステロン
 10 デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、デヒドロエピアンドロステロン・サルフェート(DHEA-S)
 11 アンドロステンジオン
 12 アンドロステロン
31.副腎髄質検査
 1 カテコールアミン(CA)分画
 2 バニールマンデル酸(VMA)、ホモバニリン酸(HVA)
 3 メタネフリン(MN)、ノルメタネフリン(NMN)
 4 セロトニン
 5 5-ヒドロキシインドール酢酸
32.性腺・胎盤検査
 1 尿中・血中エストロゲン
  a)エストロン(E1)
  b)エストラジオール(E2)
  c)エストリオール(E3)
  d)エストロゲン
 2 プロゲステロン
 3 テストステロン
 4 遊離テストステロン
 5 黄体形成ホルモン(LH)
 6 卵胞刺激ホルモン(FSH)
 7 ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)
 8 ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)
 9 その他の性腺関連ホルモン
  a)5a-ジヒドロテストステロン(DHT)
  b)性ホルモン結合グロブリン(SHBG)
  c)アンドロステンジオン
  d)デヒドロエピアンドロステロン・サルフェート(DHEA-S)
  e)プレグナンジオール(P2)
  f)プレグナントリオール(P3)
  g)17a-ヒドロキシプロゲステロン(17a-OHP)
 10 腟分泌液中a-フェトプロテイン
33.膵・消化管ホルモン検査
 1 インスリン、抗インスリン抗体
  a)インスリン
  b)抗インスリン抗体
 2 C-ペプチド
 3 プロインスリン
 4 グルカゴン
 5 ガストリン
 6 セクレチン
 7 グレリン
 8 その他の消化管ホルモン
  a)パンクレアティックポリペプチド(hPP)
  b)コレシストキニン(CCK)
  c)バゾアクティブ・インテスティナル・ポリペプチド(血管作動性腸管由来ペプチド)(VIP)
 9 ペプシノゲン(PG)
34.各種生理活性物質検査
 1 レニン(活性・定量)
 2 アンジオテンシンI(AI)、アンジオテンシンII(AII)
 3 アンジオテンシンI転換酵素(ACE)
 4 アルドステロン
 5 カリクレイン
 6 キニン
 7 サイクリックAMP(cAMP)、サイクリックGMP(cGMP)
 8 プロスタグランジンE2(PGE2)
 9 6-ケトプロスタグランジンF1a(6-K-PGF1a)
 10 トロンボキサンB2(TXB2)
 11 セロトニン
 12 5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)
 13 ロイコトリエン(LT)
 14 ヒスタミン
 15 エリスロポエチン(EPO)
 16 エストロゲンレセプター、プロゲステロンレセプター
 17 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)
 18 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)
 19 ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)
 20 エンドセリン(ET)
 21 肝細胞増殖因子(HGF)
 22 レプチン
 23 アディポネクチン(Ad)
 24 NOx
 25 インターフェロン(IFN)(a型、b型、c型)
 26 抗インターフェロン抗体
 27 腫瘍壊死因子-a(TNF-a)
 28 インターロイキン(IL)
 29 可溶性インターロイキン-2受容体(sIL-2R)
 30 ヒトTARC定量
35.腫瘍マーカー検査
 1 癌胎児性抗原(CEA)
 2 免疫抑制酸性蛋白(IAP)
 3 b2-マイクログロブリン
 4 組織ポリペプチド抗原(TPA)
 5 ポリアミン
 6 塩基性フェトプロテイン(BFP)
 7 抗p53抗体
 8 EGFR蛋白
 9 扁平上皮癌関連抗原(SCC抗原)
 10 神経特異エノラーゼ(NSE)
 11 シアリルLeX-i抗原(SLX)
 12 サイトケラチン19フラグメント(CYFRA21-1)
 13 ガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)
 14 CA15-3(糖鎖抗原15-3)
 15 シアリルLeX(CSLEX)
 16 BCA
 17 エストロゲンレセプター(ER)
 18 プロゲステロンレセプター(PgR)
 19 HER2蛋白
 20 乳頭分泌液中CEA
 21 a-フェトプロテイン(AFP)
 22 AFPレクチン反応性分画(AFP-L3分画)
 23 PIVKA-II(ビタミンK欠乏性蛋白-II)
 24 CA19-9(糖鎖抗原19-9)
 25 エラスターゼI
 26 CA50(糖鎖抗原50)
 27 SPan-
 28 DUPAN-
 29 NCC-ST-
 30 尿中遊離型フコース(UFC)
 31 その他の膵癌のマーカー
 32 CA125、CA130、CA602(コア蛋白関連マーカー)
 33 CA72-4,CA54/61、シアリルTn抗原(STN抗原)(母核糖鎖関連マーカー)
 34 癌関連ガラクトース転移酵素(GAT)
 35 扁平上皮癌関連抗原(SCC抗原)
 36 腟分泌液中乳酸デヒドロゲナーゼ(LD)半定量
 37 妊娠特異b1糖蛋白(SP1)
 38 ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)
 39 ヒト絨毛性ゴナドトロピンb サブユニット(free HCG-b)
 40 前立腺特異抗原(PSA)
 41 PSA-ACT複合体
 42 c-セミノプロテイン(c-Sm、遊離型PSA)
 43 PSA F/T比
 44 前立腺酸ホスファターゼ(PAP)
 45 核マトリックス蛋白(NMP22)
 46 尿中膀胱腫瘍抗原(BTA)
 47 尿中サイトケラチン8・サイトケラチン18総量(UBC)
36.薬物検査(TDM)
■36-A.薬物濃度
 1 抗てんかん薬
  a)フェニトイン(PHT)
  b)カルバマゼピン(CBZ)
  c)バルプロ酸ナトリウム(VPA)
  d)フェノバルビタール(PB)
  e)ゾニサミド(ZNS)
  f)エトスクシミド(ESM)
  g)クロナゼパム(CZP)
  h)ニトラゼパム(NZP)
  i)クロバザム(CLB)
  j)ガバペンチン(GBP)
  k)トピラマート(TPM)
  l)ラモトリギン(LTG)
  m)レベチラセタム(LEV)
 2 喘息治療薬
  a)テオフィリン
 3 強心配糖体
  a)ジゴキシン
 4 抗不整脈薬
  a)アミオダロン
  b)リドカイン
  c)キニジン
  d)アプリンジン
  e)プロパフェノン
  f)メキシレチン
  g)ジソピラミド
  h)フレカイニド
  i)プロカインアミド
  j)ピルメノール
  k)シベンゾリン
  l)ピルジカイニド
 5 抗菌薬
  a)アミノグリコシド系抗菌薬(AGs)
   (1)トブラマイシン(TOB)
   (2)ゲンタマイシン(GM)
   (3)アミカシン(AMK)
   (4)アルベカシン(ABK)
  b)グリコペプチド系抗菌薬
   (1)バンコマイシン(VCM)
   (2)テイコプラニン(TEIC)
  c)b-ラクタム系抗菌薬
   (1)フロモキセフ(FMOX)
  d)抗真菌薬
   (1)ボリコナゾール(VRCZ)
  e)抗ウイルス薬
   (1)リバビリン
 6 免疫抑制薬
  a)シクロスポリン(CYA)
  b)タクロリムス
  c)エベロリムス
  d)ミコフェノール酸モフェチル
 7 抗悪性腫瘍薬
  a)メトトレキサート(MTX)
  b)白金
  c)イマチニブ
  d)エベロリムス
 8 解熱鎮痛消炎薬
  a)アスピリン製剤
  b)アセトアミノフェン
  c)金(金コロイド)
 9 抗精神病薬
  a)炭酸リチウム
  b)ハロペリドール
  c)ブロムペリドール
■36-B.薬物代謝酵素遺伝子
 10 CYP2C
 11 CYP2C
 12 VKORC
 13 CYP2D
 14 NAT
 15 チオプリンメチル転移酵素(TPMT)
 16 ジヒドロピリミジン脱水素酵素(DPD)
 17 UGT1A
37.毒物濃度
 1 ニコチン
 2 コチニン
 3 パラコート
 4 メタノール
 5 エタノール
 6 フェノール
 7 エチレングリコール
 8 水銀(Hg)
 9 カドミウム(Cd)
 10 ヒ素(As)
 11 タリウム(Tl)
 12 シアン化合物
 13 臭化物
 14 馬尿酸(HA)
 15 メチル馬尿酸(MHA)
 16 マンデル酸
 17 総三塩化物(TTC)
 18 トリクロル酢酸(TCA)
 19 N-メチルホルムアミド
 20 2,5-ヘキサンジオン(2,5-HD)
 21 有機リン系農薬
 22 アコニチン
 23 内分泌撹乱化学物質(ダイオキシン類)
 24 硫化水素
38.穿刺液検査
 1 髄液一般検査
  a)細胞数・種類
  b)Nonne-Apelt反応、Pandy反応
  c)トリプトファン反応
  d)蛋白
  e)糖
  f)クロル
 2 髄液特殊検査(1)
  a)髄液/血清アルブミン比(Q albumin)
  b)髄液中の免疫グロブリン
  c)髄液中のサイトカイン
 3 髄液特殊検査(2)
  a)IgGインデックス
  b)オリゴクローナルバンド
  c)ミエリンベーシック(塩基性)蛋白(MBP)
 4 漿膜腔液検査
 5 関節液検査
  a)一般検査
  b)コンドロカルシン(II型プロコラーゲン-C-ペプチド)
付録1.保険点数一覧表
付録2.検査法・検査関連用語解説
付録3.共用基準範囲一覧(暫定版)
事項索引
疾患名索引

2015-2016年版(改訂第14版)の序

 「今日の臨床検査」の2015-2016年版の上梓となりました.1987年に初版(水島裕・河合忠監修)を刊行し,2年毎に改訂を重ねて29年目を迎え,今回で第14版となりました.本書は臨床検査の参考書として絶えずこの領域を先導してきたという自負があります.これはひとえに,読者から貴重なご意見をお寄せいただいたおかげであり,さらにさまざまな分野からの情報を得て,それらを編集会議でどのように取り入れていくかなどの討議を重ねてきたからこそではないかと思っております.改めて本書を愛読いただいた読者に感謝する所存であります.
 今回の改訂点を以下に示します.
 1)新規保険収載項目の追加
 前回の改訂が行われた2013年以降に新規に保険収載された項目を追加しました.
 2)「主要病態の検査」の項目追加
 前版の「主要病態の検査」は22項でしたが,今回の改訂ではさらに「肝癌」,「ヘリコバクター・ピロリ感染症」,「AKI」,「認知症」の検査を追加しましたので,ぜひ役立てていただきたいと思います.
 3)共用基準範囲表の追加
 2014年に日本臨床検査標準協議会(JCCLS)が発表した「共用基準範囲一覧(暫定版)」を付録として追加しましたので,大いに活用いただきたいと思います.
 4)索引の充実化
 前版より引き続き,本書掲載および保険収載の検査項目名称,さらに新たに保険収載された検査項目名称も加え,充実した索引に仕上げました.
 今後も,臨床の現場で働いておられる,医師,看護師,臨床検査技師,薬剤師,栄養士をはじめとするメディカルスタッフに,また学生諸氏に,執筆者が精魂を傾けて書いた本書を利用いただきたいと切に願っております.

2015年1月
櫻林郁之介

 臨床検査は、良質な患者診療の遂行において大きな役割をもつ。それは、患者の病態を知る医学的情報のなかで、臨床検査が体内深部の状況についてもっとも客観的にもっとも多くの情報を提供するからである。とくに治療学の進歩に伴う高度かつ複雑化した今日の患者診療において、良質な診療の遂行には臨床検査をいかに駆使するかが鍵を握り、その重要性が増大している。近年、良質かつ安全な医療の推進には、主治医のみならず、看護師、臨床検査技師、薬剤師、栄養士、医療事務など多職種の連携したチーム医療が不可欠となり、そこに携わるすべての医療職種は、臨床検査の利用に何らかの関わりをもつ機会が増加している。一方、臨床検査の効果的な活用や結果の解釈は容易ではなく、その傾向はより強くなっている。それは、疾患病態の解明とともに、従来技術および先進技術に基づく臨床検査が次々と登場し、利用可能な臨床検査の項目数は年々増加してきているためである。そのような状況を踏まえて、さまざまな臨床検査の手引書が発刊されている。
 そのなかでも、「今日の臨床検査」はその先導性と利用者の利便性において高く評価されており、長年広く利用されてきた。本シリーズは、2年ごとに改訂され、このたび改訂第14版として2015-2016年版が櫻林郁之介先生の監修のもと発刊された。本書は、近年の臨床検査学の急速な進歩と臨床検査に依存性が増大している患者診療のニーズに呼応して、今までになく内容の刷新と充実化が図られている。すなわち、新たな保険診療項目の追加、新規遺伝子解析技術の実用化、日本臨床検査標準協議会から公表された共用基準範囲(暫定版)など臨床検査学の進歩に伴う臨床検査の最近の動向がわかりやすく解説されている。さらに本書は、他の手引書に比べ卓越した点として、学術性とともに実用性が徹底的に追及されている。外来や病棟など患者診療の現場で手軽に手にとって使えるコンパクトなつくりで、利用しやすい構成と記述となっている。利用者の立場に立って組み込まれた数々のしくみは、監修者と編集者がいかにニーズを的確にとらえ、編集作業に心血を注いだかを窺わせるものである。本書は誰でも一度手にすれば「こんな手引書が欲しかった」と実感するに違いない。
 本書の構成と記述の概要は以下のごとくである。臨床検査の適正な利用や解釈を助けるため、系統的かつ簡潔に記載されている。臨床検査の基礎知識の整理に役立つ総論として、新たな項を加えた総26項に及ぶ主要病態の検査利用法に加え、全体が一目でわかる保険点数一覧表など各種一覧表や検査法・検査関連用語解説が掲載されている。各論として、38領域の検査カテゴリーについて、検体・検査対象物質の特徴、代謝など検査の概要が整理されている。各検査項目では、基準値(基準範囲)に始まり、検査目的、検査方法、検体採取から異常値をきたす疾患や病態、保険点数や算定要件が一目で知ることができ、さらに検査項目の概要と結果判読のポイントが簡潔に記載されている。また、実際に測定した検査値がどの程度の異常値であるか、小児など年齢による生理的変動をはじめ実測値の変動を示す図表やシェーマが掲載されている。
 本書は、編集のねらい通り、必要時に特定の検査項目について調べることもでき、また時間的余裕があるときに通読して臨床検査の使い方や解釈のしかたを系統的に学ぶこともできる。このように本書は他に類をみないほど実に実用的な手引書となっている。本書を、多くの医療従事者が手元に置いて参照または通読することで、良質な患者診療の遂行に役立つよう活用されることをお勧めする。

臨床雑誌内科116巻3号(2015年9月号)より転載
評者●東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学教授 宮地勇人