書籍

映像で学ぶ Microsurgery(DVD付)

基礎と指再接着

  • 新刊

: 黒島永嗣
ISBN : 978-4-524-25523-8
発行年月 : 2017年5月
判型 : B5変型
ページ数 : 142

在庫あり

定価14,040円(本体13,000円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

マイクロサージャリーの基本である“確実な”血管吻合と手の外科手技の基本、指の臨床局所解剖をテーマとし、著者の考え方と技術の実際を動画と併せて学習できる実際書。顕微鏡の設置・調整から吻合練習法、マイクロサージャリー・手の外科双方の基本が網羅できる指再接着法までベーシックな知識を解説。松本手の外科塾での教育実績をもとに、初学者の「分からない」「できない」点を反映した。

A Microsurgery基礎編−拡大こそすべて
 A-0 Microsurgeryと顕微鏡
 A-1 顕微鏡の設置と調整
 A-2 器材特性と取り扱い
 A-3 血管吻合の基本
 A-4 血管吻合の実際
 A-5 血管吻合 まとめ
B 一例に学ぶ−成功には理由がある
 B-0 はじめに
 B-1 Artery only指再接着
 B-2 粉砕・欠損
 B-3 重度圧迫
 B-4 多数指切断
 B-5 指輪損傷
 B-6 引き抜き切断
 B-7 血管がない
C 戦略−無用な戦いを避ける
 C-0 戦略とは
 C-1 戦略はここから始まる
 C-2 解剖の思い込みの修正
 C-3 戦略的アプローチ
 C-4 非損傷手技 atraumatic technique
 C-5 無駄のない分離
 C-6 戦略的時間管理
D 指再接着−できない理由を探さない、あきらめない
 D-0 適応
 D-1 救急室にて
 D-2 手術室にて
 D-3 手術開始
 D-4 骨短縮と骨接合
 D-5 腱修復
 D-6 血管吻合
 D-7 指神経縫合
 D-8 閉創
 D-9 Bulky dressing
 D-10 術後管理と後療法
E 次世代へ−マイクロを始める君へ
文献 コメント付き

DVD収録内容
 01 倍率と速度
 02 Leverage technique
 03 練習A 針の扱い
 04 練習B 吻合練習
 05 対壁縫い込み
 06 臨床 針先を見て次へ
 07 練習 6針全てで針先確認
 08 対壁の引っかけを感知して戻す
 09 Leverage techniqueで真ん中を狙う
 10 翻転法
 11 末節切断面の血管観察
 12 瀉血の実際
 13 無駄な探索
 14 Cleland靱帯→指動脈展開
 15 Cleland靱帯→背側展開
 16 Atraumaticな分離
 17 過剰な展開とtweezing
 18 5mm四方での吻合
 19 切断指の洗浄
 20 再接着直後の瀉血状態
 21 骨接合 K-wire刺入
 22 再接着の結果
 23 0.5mm血管の輪切り
 24 前腕皮下静脈の採取
 25 静脈移植
 26 Patency test
 27 神経縫合



自分ではできない他人の成功をどう考えるか、これが本書の問いかけである。

ある国が有人宇宙ロケットを成功させた。別のA国は追随したが失敗の連続だった。A国は有人宇宙ロケットは誤っていると放棄しただろうか。そうではない。自らの誤りを見つけ技術革新を続けて、ついに成功に至る。なぜなら、確かに彼の国は成功しているからだ。

翻って臨床医学(外科)はどうであろうか。煩雑な要素の集約である技術の習得や、確かな理解もなく手術を行い、不良結果を得ると手法自体を誤りとしてはいないだろうか。

一方、技術や全体理解の伝達は難しい。

これが要点だと述べると、マニュアルとして受け取られる。残念ながらそれに従っても、多くは成功しない。こちらと追随者とは、技術・理解だけでなく、環境(施設・器材・スタッフ)も異なるからである。なぜ成功しないのか、その分析をこちらからはできない。本人自身で、子細に自己の医療を見直す以外、成功する道はない。

希望は、すでに成功例があるという事実である。
成功例のないChallengeを強いているのではない。ぜひ成功してほしいと願う。