書籍

肘関節外科の実際

私のアプローチ

: 伊藤恵康
ISBN : 978-4-524-25393-7
発行年月 : 2011年10月
判型 : A4
ページ数 : 414

在庫あり

定価21,600円(本体20,000円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次

肘関節外科の第一人者である著者の、長年の肘関節診療の経験を集大成したものである。解剖、痛みの診断と治療、手術進入路について述べた後、各論(骨折、脱臼と靭帯損傷、スポーツ障害、関節拘縮、腱断裂、炎症、麻痺、先天異常など)では、実際の症例に即して、治療法の選択、手術テクニックなどについて記し、著者の考え方・経験を余すところなく明らかにしている。

I 肘関節診療の基礎
I−1 肘関節の機能解剖
A 肘関節の骨格
  1 上腕骨
  2 前腕骨
  3 肘関節のX線像
  4 成長期肘関節のX線像
B 肘関節の構成
  1 関節面の形態と機能
  2 靱帯
C 肘関節の運動
  1 屈伸運動
  2 回旋運動
  3 キャリングアングル
  4 スポーツ、あるいはADL上必要な可動域
  5 肘関節に加わる力
D 肘関節の筋・神経
  1 上腕前面の肘関節屈筋群
  2 肘関節前面の血管と神経
  3 前腕屈曲回内筋群と神経
  4 上腕後面の肘伸展筋群と橈骨神経
  5 前腕回外伸展筋群と橈骨神経
E 肘関節の血管

I−2 診断と治療の進め方
A 診断
  1 問診
  2 視診、触診
  3 肘関節の画像診断
B 治療の進め方
  1 骨折
  2 変形、偽関節
  3 関節炎
  4 スポーツ障害
  5 加齢変化

I−3 肘関節の手術進入路
A 肘関節後方アプローチ
  1 三頭筋腱縦切法
  2 三頭筋腱弁反転法
  3 肘頭骨切り法
B 肘関節外側アプローチ
  1 Kocherのアプローチ
  2 Kaplanのアプローチ
C 後外側アプローチ
D 前方アプローチ
  1 Henryのアプローチ
  2 上腕筋縦割アプローチ
E 内側アプローチ
  1 後内側の展開
  2 内側前面の展開
  3 Bryanの内側triceps reflecting approach
F 末梢神経へのアプローチ

II 肘関節診療の実際
II−1 骨折
A 成人・年長児の上腕骨遠位端骨折
 A−1 上腕骨顆上骨折
  1 治療
   1−1 保存的治療
   1−2 新鮮例に対する手術
   1−3 顆上骨折陳旧例(変形治癒、偽関節)に対する手術
 A−2 上腕骨通顆骨折
  1 通顆骨折の特徴
  2 治療
 A−3 上腕骨遠位端T・Y字型骨折
  1 遠位端T・Y字型骨折の特徴と分類
  2 治療
   2−1 治療の方針
   2−2 保存的治療
   2−3 創外固定、牽引療法
   2−4 手術的治療
  3 後療法
  4 合併症
[付]side-swipe injury
B 小児上腕骨顆上骨折
  1 受傷機転
  2 病態
  3 分類
  4 診断
  5 治療
   5−1 治療の方針
   5−2 保存的治療
   5−3 手術的治療
  6 合併症
C 上腕骨遠位骨端離開
  1 病態
  2 分類
  3 診断
  4 治療
  5 予後
D 上腕骨外側顆骨折
  1 受傷機転と骨折線の走行による分類
  2 診断
  3 外側顆骨折の転位による分類
  4 微小転位例に対する不安定性の診断
  5 治療
   5−1 保存的治療
   5−2 手術的治療
  6 合併症
[付]外側上顆骨折とsleeve fracture
E 上腕骨小頭・滑車骨折
  1 受傷機転と分類
  2 診断
  3 治療
   3−1 治療の方針
   3−2 手術法
F 上腕骨内側上顆骨折
  1 病態
  2 頻度
  3 受傷機転
  4 分類と治療
  5 合併症
G 上腕骨内側顆骨折
  1 頻度と病態
  2 発症年齢
  3 骨折線の走行
  4 骨折型の分類
  5 受傷機転
  6 症状と診断
  7 治療
  8 予後
H 尺骨近位部骨折
 H−1 肘頭骨折
  1 病態、頻度、受傷機転
  2 臨床像
  3 診断
  4 治療
   4−1 治療の方針
   4−2 内固定法
   4−3 偽関節に対する手術
   4−4 若年者の肘頭骨端離開に対する手術
  5 合併症
  6 予後
 H−2 尺骨鉤状突起骨折
  1 病態
  2 診断
  3 分類
  4 治療
   4−1 手術法
   4−2 後療法
I 橈骨頭・頸部骨折
I−1 小児の橈骨近位部骨折
  1 小児橈骨近位部骨折の分類
  2 骨片の転位
  3 治療
   3−1 治療の方針
   3−2 徒手整復法
   3−3 経皮的整復法
   3−4 手術的治療
  4 予後と合併症
I−2 橈骨頭骨折
  1 病態と分類
  2 診断
  3 治療
   3−1 治療の方針
   3−2 手術的整復固定術の実際
   3−3 合併損傷の治療
   3−4 骨頭切除術
   3−5 人工橈骨頭置換術
   3−6 肋骨・肋軟骨移植術
  4 予後
I−3 Essex-Lopresti損傷
J Monteggia骨折
  1 受傷メカニズムと分類
  2 診断
   2−1 骨折・脱臼の診断
   2−2 神経損傷について
  3 治療
   3−1 治療の方針
   3−2 徒手整復法
   3−3 手術的整復法
  4 陳旧性Monteggia骨折
   4−1 治療の方針
   4−2 手術適応
   4−3 手術法

II−2 脱臼と靱帯損傷
A 肘関節脱臼
  1 受傷機転と病態
  2 分類
  3 診断
  4 治療
   4−1 徒手整復法
   4−2 手術的整復法
  5 反復性肘関節脱臼
B 肘関節後外側回旋不安定症(PLRI)
  1 概説
  2 肘関節外側の解剖学的特徴
  3 病態
  4 診断と症状
  5 治療
   5−1 手術適応
   5−2 手術的治療
C 小児肘内障とバネ肘
 C−1 小児肘内障
  1 病態
  2 診断
  3 治療
  4 予後
 C−2 バネ肘(いわゆる成人型肘内障)
  1 病態
  2 診断
  3 治療

II−3 肘関節のスポーツ障害
A スポーツ障害総論
  1 概説
  2 肘スポーツ障害の発生機序
  3 肘関節部痛を主訴とする紛らわしい病態
  4 肘スポーツ障害の分類
  5 野球肘の年齢的特徴と問診
  6 診断
B スポーツ障害の病態と治療
 B−1 リトルリーグ肘
  1 原因と病態
  2 診断
  3 治療
   3−1 保存的治療
   3−2 手術的治療
   3−3 後療法
 B−2 内側[尺側]側副靱帯損傷
  1 原因と病態
  2 診断
  3 治療
   3−1 保存的治療
   3−2 手術的治療
   3−3 後療法
   3−4 合併障害の治療と結果
 B−3 肘頭骨端離開・疲労骨折
  1 原因と病態
  2 診断
  3 治療
   3−1 治療の方針
   3−2 手術の実際
 B−4 内側顆疲労骨折
 B−5 上腕骨小頭部離断性骨軟骨炎
  1 原因と病態
  2 病型分類と好発年齢
  3 診断
  4 治療
   4−1 保存的治療
   4−2 手術的治療
 B−6 上腕骨小頭以外の離断性骨軟骨炎
  1 橈骨頭の離断性骨軟骨炎
  2 肘頭の離断性骨軟骨炎様病変
  3 滑車の離断性骨軟骨炎
[付]Panner病
  1 病態
  2 診断
  3 治療
 B−7 滑膜ひだ障害とバネ肘(成人型肘内障)、肘筋のentrapment
  1 病態
  2 診断
  3 治療
 B−8 スポーツによる変形性肘関節症
  1 原因と病態
  2 診断
  3 治療
   3−1 保存的治療
   3−2 手術的治療
  4 術後の注意
 B−9 スポーツによる肘関節部末梢神経の障害:特に尺骨神経障害
  1 肘部管より近位の障害
  2 肘部管高位での障害
 B−10 スポーツ障害からの復帰に向けて

II−4 肘関節拘縮の病態と治療
  1 関節拘縮の概要
  2 肘関節拘縮の病態
  3 術前病態の診断
  4 治療
   4−1 保存的治療
   4−2 肘関節授動術
   4−3 術後処置と後療法

II−5 肘関節周囲の腱断裂
A 上腕二頭筋遠位部腱断裂
  1 病態
  2 診断
  3 治療
B 上腕三頭筋腱断裂
  1 病態
  2 診断
  3 治療

II−6 肘関節上顆炎
A 外側上顆炎
  1 総括的事項
  2 治療
B 内側上顆炎
  1 病態と治療

II−7 肘の炎症性疾患
A 関節リウマチ
  1 肘関節滑膜切除術
  2 人工肘関節置換術
B 非特異性関節炎
C 結核性関節炎
D 変形性肘関節症
  1 病態と治療方針
  2 保存的治療
  3 手術的治療
  4 労働によるものとスポーツに続発する肘関節症の相違

II−8 肘関節部の末梢神経障害
A 肘部管症候群
  1 肘部管の解剖
  2 原因と病態
  3 臨床症状と診断
  4 重症度分類
  5 治療
   5−1 保存的治療
   5−2 手術的治療
  6 術後の回復
B 橈骨神経麻痺
  1 病態と定義
  2 橈骨神経管の解剖
  3 広義の橈骨神経管症候群の病態、病因
  4 広義の橈骨神経管症候群の症状
  5 広義の橈骨神経管症候群の治療
  6 神経束のくびれによる後骨間神経麻痺
C 正中神経麻痺
  1 前肘窩の解剖
  2 回内筋症候群
  3 前骨間神経麻痺
D 上腕二頭筋腱膜による神経、血管障害
  1 病態と症状
  2 治療

II−9 麻痺肘(肘屈筋・伸筋麻痺)
  1 病態
  2 再建術の概要
  3 再建術の実際

II−10 肘関節の先天異常
A 先天性上腕骨小頭形成不全
B 先天性滑車形成不全
C 先天性橈骨頭脱臼
  1 概説
  2 症例提示
D Leri-Weill dyschondrosteosis
  1 概説
  2 症例提示
E 尺側列形成不全症
  1 概説
  2 症例提示
F 橈尺骨癒合症
  1 概説
  2 治療
G Crouzon syndrome(craniofacial dysostosis)
  1 概説
  2 症例提示
H その他の先天性肘関節形成異常
  1 Nievergelt-Pearlman syndrome
  2 Mietens症候群
  3 先天性肘関節屈曲拘縮症

索引