書籍

レジデントのための消化器診療スケジュール

監修 : 木下芳一
ISBN : 978-4-524-24728-8
発行年月 : 2007年7月
判型 : B6変
ページ数 : 384

在庫僅少

定価4,860円(本体4,500円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

消化器症候を診たら何を考えて診断へたどり着くのか、初めて診断のついた患者さんを病棟で診るとき、入院初日に何をしたらよいか、2日目は?……。スーパーローテート時代の研修医のために短期間で幅広い知識と経験を身につける手引き書。患者さんのところにいく前に本書でちょっと確認下さい。

1.症候から診断へのルート
 1 原因不明の心窩部痛
 2 原因不明の食欲不振
 3 原因不明の悪心・嘔吐
 4 原因不明の胸やけ
 5 原因不明の嚥下障害
 6 原因不明の消化管出血
 7 原因不明の下腹部痛
 8 原因不明の慢性下痢
 9 原因不明の慢性便秘
 10 原因不明の腹部膨満
 11 原因不明の肝機能障害
 12 原因不明の腹部腫瘤
 13 原因不明の肝腫大
 14 原因不明の腹水
 15 原因不明の黄疸
 16 原因不明の血清アミラーゼの上昇

2.検査オーダー時の注意とチェックポイント
 1 上部消化管内視鏡検査
 2 胃食道pHモニタリング
 3 Helicobacter pylori感染診断
 4 腹部X線検査
 5 上部・下部消化管X線検査
 6 下部消化管内視鏡検査
 7 便潜血検査
 8 便培養検査
 9 腹部超音波検査
 10 超音波下肝生検
 11 腹部CT
 12 MRI
 13 血管造影
 14 腹腔鏡検査
 15 超音波内視鏡検査
 16 細胞診
 17 ERCP
 18 遺伝子検査

3.上部消化管疾患
 1 逆流性食道炎
 2 アカラシア
 3 Mallory-Weiss症候群
 4 早期食道癌
 5 進行食道癌
 6 胃食道静脈瘤
 7 急性胃炎
 8 functional dyspepsia(機能性ディスペプシア)
 9 胃潰瘍
 10 早期胃癌
 11 進行胃癌
 12 胃MALTリンパ腫
 13 十二指腸潰瘍
 14 Zollinger-Ellison症候群

4.下部消化管疾患
 1 非特異性多発性小腸潰瘍
 2 腸管型Behcet病・単純性潰瘍
 3 Crohn病
 4 潰瘍性大腸炎
 5 薬剤性腸炎
 6 放射線性腸炎
 7 大腸ポリープ(ポリポーシス)
 8 大腸癌
 9 粘膜下腫瘍
 10 カルチノイド
 11 食中毒
 12 感染性胃腸炎
 13 腸結核
 14 消化管寄生虫症
 15 直腸粘膜脱症候群
 16 痔核
 17 大腸憩室症
 18 虚血性腸炎
 19 上腸間膜動脈症候群

5.胆道・膵疾患
 1 胆嚢炎
 2 急性閉塞性化膿性胆管炎
 3 胆嚢ポリープ
 4 胆嚢アデノミオマトーシス
 5 胆嚢・胆道結石
 6 胆嚢癌
 7 胆管癌
 8 膵胆管合流異常
 9 急性膵炎
 10 慢性膵炎
 11 自己免疫性膵炎
 12 膵臓癌
 13 膵内分泌腫瘍
 14 膵嚢胞性疾患

6.肝疾患
 1 A型急性肝炎
 2 B型急性肝炎
 3 その他のウイルス性肝炎
 4 B型慢性肝炎
 5 C型慢性肝炎
 6 針刺し事故
 7 自己免疫性肝炎
 8 アルコール性肝炎
 9 薬物性肝障害
 10 脂肪肝とNASH
 11 原発性胆汁性肝硬変症
 12 原発性硬化性胆管炎
 13 ヘモクロマトーシス
 14 Wilson病
 15 ポルフィリン症、晩発性皮膚ポルフィリン症
 16 劇症肝炎
 17 肝硬変
 18 肝性脳症
 19 特発性門脈圧亢進症
 20 体質性黄疸
 21 Budd-Chiari症候群
 22 肝細胞癌
 23 肝血管腫
 24 肝嚢胞
 25 胆管細胞癌

卒後臨床研修が必修となり、若手医師には内科、外科、救急医学、産婦人科、小児科、精神科などを幅広く研修することが求められています。これらの領域の診療科で扱っている疾患は多種多様であり、短期間で効率のよい研修を行い、十分な知識と技術を身に付けていくことは容易なことではありません。しかも、若手医師が各疾患を初めて診療する時に役立つ簡潔でわかりやすいガイドブックを探してみますと、意外に少ないことがわかります。
 そこでこの度、島根大学医学部第二内科では30年以上の消化器疾患診療の経験と最近の若手医師への教育実績を生かしレジデント向けの消化器疾患の診療ガイドブック「レジデントのための消化器診療スケジュール」を作製いたしました。
 内容はレジデントの先生方が病棟で初めて患者さんを診療する時、外来で初めて経験する症状を診た時、救急室で対応に困った時に、5分間時間を割いて本書を読んでいただければ、その患者さんの診療を行う上で大変参考となり、診療の流れとスケジュールがわかるようなものとしました。
 「5分間でわかる診療ガイド」ともいえる本書を小脇にかかえた若手の先生方が、効率的で有意義な消化器疾患領域の研修を受けられ、研修終了後、消化器疾患の診療に興味と熱意を持った先生方がたくさん現れますことを心より期待しております。
島根大学医学部第二内科教授
木下 芳一