書籍

ポケット整形外科ハンドブック改訂第5版

監修 : 栗原章
編集 : 黒坂昌弘/井口哲弘
ISBN : 978-4-524-24721-9
発行年月 : 2008年10月
判型 : B6
ページ数 : 494

在庫あり

定価6,264円(本体5,800円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

整形外科医が日常遭遇する外傷や疾患に対して、どのような診断を下し、どのように対処すべきかという基本方針を簡潔にまとめた好評のマニュアル。今改訂では、前版以降の進歩に伴う最新知見を追加。日常頻繁に遭遇する疾患に対しては十分な解説を加え、特殊な専門疾患に対してはポイントのみを押さえるなどのメリハリをつけた。また、注意事項を「MEMO」「ADVICE」で示すなど、より実用的になった。

第1章 診断学
 I.病歴の取り方・患者への接し方
 II.診察法
 III.検査法

第2章 治療学
 I.保存的治療法
 II.観血的治療法
 III.リハビリテーション

第3章 外傷学総論
第4章 関節リウマチとリウマチ性疾患
第5章 その他の関節炎
第6章 変形性関節症と類縁疾患

第7章 骨・軟部腫瘍
 I.骨腫瘍
 II.軟部腫瘍

第8章 骨疾患
 I.先天性骨系統疾患
 II.代謝性骨疾患
 III.骨端症
 IV.骨の炎症

第9章 小児・先天性疾患

第10章 神経/筋疾患と麻痺性疾患
 I.神経疾患
 II.筋疾患

第11章 末梢神経麻痺
第12章 スポーツ外傷

第13章 部位別主要疾患
13-1. 上肢
 I.肩関節および肩周辺
 II.上腕部
 III.肘関節および肘周辺
 IV.前腕部
 V.手関節・手指
13-2. 脊椎
 I.脊椎脊髄損傷・外傷
 II.脊椎脊髄腫瘍
 III.脊柱変形
 IV.頚椎
 V.胸椎・胸腰椎移行部
 VI.腰椎・仙椎
13-3. 骨盤・骨盤輪
13-4. 下肢
 I.股関節および股周辺
 II.大腿部
 III.膝関節および膝周辺
 IV.下腿部
 V.足関節、足部、足趾

本書が世に出てから25年が経過し、この間、4回の改訂が行われた。本書は幸いにも好評を博し、単なる改訂にとどまらず、各改訂版ともに増刷を重ねられてきた。これは、初版の序文で述べているように、簡便、軽量であるものの充実した最新の内容であり、執筆者は知名度にとらわれず日常診療でその専門性が高く評価されている方々にお願いするという編集方針が継続できたからと、編集者ともども自負している。
 改訂第4版においては、初版発行後15年が経過していたため、編集者、執筆者を一新し、整形外科学の進歩に合わせて内容も全面的に改めた。幸いにも改訂第4版も多くの支持をえられたが、その後7年が経過し、現状には相応しくない内容、体裁もみられるようになった。そこで、大幅な見直しを行い、本文、図版とも新しくし、ビジュアル化を図るべく2色刷としたので、理解もしやすくなっているものと思われる。また、今回、「MEMO」の欄以外に「ADVICE」の欄を加えて、臨床上の重要点を示した。したがって、第5版は簡便ではあるものの、これまでにも増して充実した内容が集約されたものになっているものと自負している。しかし、読者諸兄の意に沿わない、不備な点もあるかと思われる。今後も、機会があれば、諸兄各位からのご批判、ご指導を仰ぎ、より優れたものに改め、充実化を図るつもりである。
 この『ポケット整形外科ハンドブック』が、研修医、整形外科専門医を志す先生方や他の分野の医療従事者の方々に活用されることを心から切望するものである。
2008年9月
栗原 章
(一部改変)