書籍

アンチエイジング・未病医学検査テキスト

: 久保明
ISBN : 978-4-524-24713-4
発行年月 : 2008年4月
判型 : B5
ページ数 : 190

在庫僅少

定価6,480円(本体6,000円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

注目を集めている「アンチエイジング」「未病」を、「検査」の観点からまとめた国内初のテキスト。基準値、病態から、疾病の予防や臨床への応用まで、健康寿命ドックを開業し、抗加齢医学を専門とする著者が豊富な経験と、集積されたデータをもとに執筆。学べて使える一冊。特定健診が義務化され、今後ますます重要になる加齢医学、予防医学を知るために、すべての臨床医・臨床検査技師の必読書。

第I章 アンチエイジング・未病医学とは
 1. エイジングと私たちの体〜加齢に伴う変化〜
 2. 加齢にかかわる因子とアンチエイジング

第II章 アンチエイジング・未病医学検査とその理解
 1. 血管検査
 2. 血管障害とバイオリスクマーカー
 3. 肥満・メタボリックシンドローム
 4. 酸化ストレス・抗酸化因子
 5. ホルモン
 6. 免疫
 7. 骨
 8. 神経系
 9. 遺伝子

第III章 アンチエイジング・未病医学関連領域のガイドライン
 1. 動脈硬化性疾患診療ガイドライン(2007年版)
 2. 糖尿病ガイドライン
 3. 高血圧ガイドライン
 4. 高尿酸血症・痛風ガイドライン

第IV章 アンチエイジング・未病医学検査データファイル

本書は数えきれない“出会い”の結晶です。
 日々変化するアンチエイジング・未病医学の領域は、循環器、内分泌代謝・老年病学などの伝統的な医学から、遺伝子、画像診断をも含む異質の統合を必要条件として形づくられます。さらに、アンチエイジング・未病医学が真に“医学”として成立するためにはエイジング自体の解明が求められ「診断」、「ケア・治療」、「疫学的解析」の3要素が確立されなければなりません。
 本書はこれら未踏の領域にチャレンジする志をもった医療関係者への熱いメッセージでもあります。
 その特徴は以下の2点です。
・アンチエイジング・未病医学における診断、検査に関し、臨床の現場と先進の研究をつなぐ視点からまとめた点。
・本邦初の項目も含め、2001年から高輪メディカルクリニックで実践し、受診者数が1,200名を超えた“健康寿命ドック”を基軸としたデータベースを開示した点(インフォームド・コンセントに則っています)。
 現在進行形の領域を単独でまとめる作業は全体の流れが一貫するという長所とともに足りない点も少なくありません。ぜひ読者の皆様の力を借りながら、本書をより完成度の高いものにしていきたいと願っております。
2008年3月
久保 明
(一部改変)