洋書

< 外科病理学の進歩:胃癌 >

Advances in Surgical Pathology: Gastric Cancer

著者 : D.Tan & G.Y.Lauwers
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-60831-617-5
ページ数 : 348pp.(280illus.)
出版年 : 2011年

在庫なし

定価17,269円(本体15,990円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

胃癌の病理学的特徴の最新かつ簡潔なレビューを,実践的な問題や最近の進歩の検討に重点を置きながら提供するテキスト.胃癌では,病理学が重要な役割を果たす集学的アプローチが治療のために必要とされるが,その分野で新たに出現してきた概念を解説する.内容は6つのセクションで構成され,胃癌の基本的な組織病理に加えて,他の重要分野の中から画像診断,分子診断,個別化治療などの関連トピックスをカバーする.
各章は,病理学,消化器腫瘍学,癌の疫学,および消化器放射線診断学の分野の世界的に著名な専門医によって執筆され,疫学,基本的な診断上の特徴,鑑別診断,ピットフォールと合併症,治療といった,胃癌に関する基本事項を取り上げる.内視鏡的評価と組織学の相関が強調され,胃癌のスクリーニング,臨床,および治療については関連するセクションで概説する.また,胃癌の診断,予後,及び個別化治療における免疫組織化学と分子検査の役割について,最近の知見をレビューする.さらに,胃癌の発癌現象の分子的変化に関する最新の知識と,患者ケアへの効果も取り扱う.


Table of Contents
SECTION 1: Introduction

1. Introduction to the Normal Histology and Physiology of the Stomach
2. Epidemiology of Gastric Carcinoma
3. Helicobacter pylori and Gastric Neoplasms
4. Epstein-Barr Virus and Gastric Carcinoma
SECTION 2: Histopathology
5. Gastric Carcinoma: Classification and Morphologic Variants
6. Early and Advanced Gastric Carcinomas
7. Neuroendocrine Tumors and Nonneoplastic Neuroendocrine Cell Changes
8. Secondary Tumors
9. Gastrointestinal Stromal Tumor
10. Primary Gastric Lymphoma
SECTION 3: Endoscopy and Emerging Techniques
11. Correlation of Endoscopy with Histpathology in Gastric Neoplasm
12. New Imaging Techniques for the Diagnosis of Early Gastric Cancer and Premalignant Leisions
SECTION 4: Molecular Pathology
13. Molecular Pathology of Gastric Neoplasms
14. Epigenetic Abnormalities of Gastric Cancer
15. Molecular Biomarkers of Gastric Adenocarcinoma
16. Proteomics, Morphoproteomics, and Targeted Therapy of Gastric Carcinoma
17. Molecular prognostic Markers of Gastric Cancer
SECTION 5: Staging
18. TNM and Concerns in the Gastric Cancer
19. New Staging System for Gastric Cancer
SECTION 6: Preneoplastic and Preinvasive Lesions
20. Chronic Gastric and Gastric Precancerous Conditions
21. Gastric Polyps
22. Gastric Dysplasia
Index