洋書

< 外傷放射線学ガイド,第2版 >

Trauma Radiology Companion, 2nd ed.

- Methods, Guidelines & Imaging Fundamentals

著者 : M.M.Bittle, M.L.Gunn, J.A.Gross, et al.
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-60831-378-5
ページ数 : 416pp.(449illus.)
出版年 : 2012年

在庫なし

定価12,042円(本体11,150円 + 税)

  • 商品説明

本書の特色

外傷の画像診断に関する情報を素早く参照できる,放射線科医,放射線科レジデント,救急医に最適な使いやすいハンドブック.要点が箇条書き形式でまとめられており,臨床現場での使用に適した簡潔な情報に迅速にアクセスすることができる.
従来の放射線医学のテキストでは,画像の読影に重点を置き,放射線画像のパターン,疾患単位,解剖部位,あるいはモダリティによるアプローチを行っているが,本書では,日常の現場あるいは研修や学習においてよく起こる疑問やまれな疑問に対する解答を,検索しやすい形で提供する.外傷性症状の通常の診断に関連する要点を強調するために,箇条書き形式が採用されている.新版では,最新の臨床放射線医学の情報と画像を提示し,現在使用されているあらゆる画像モダリティを解説し,最新のMDCTプロトコルを収載する.


Table of Contents
1:
Overview of Trauma
2: Microscopic Neuropathology
3: Torso
4: Upper Extremity
5: Pelvis/Lower Extremity
Index