洋書

< 鬱と双極性障害の臨床ガイド―CDSからの発見 >

Clinical Guide to Depression & Bipolar Disorder

- Findings from the Collaborative Depression Study

著者 : M.B.Keller, W.H.Coreyll, J.Endicott, et al.
出版社 : AM PSYCHIATRIC ASS'N PUBLISH.
ISBN : 978-1-58562-433-1
ページ数 : 260pp.
出版年 : 2013年

在庫僅少

定価9,504円(本体8,800円 + 税)

  • 商品説明

本書の特色

鬱の現象学,診断,遺伝学および臨床経過を研究するために1970年代初めに計画された,the NIMH Collaborative Depression Study (CDS)はその開始以来,研究と診療に影響を及ぼしている.本書は,気分障害の経過と転帰に関する包括的・最新の知識を提供するために,研究(CDC)と関連文献から得られた重要な発見を要約したものである.最新の研究の鋭い機敏な臨床分析と,このような詳細な時系列データを結び付けた書物は他に類を見ない.
各章には時間短縮に役立つ要約が添えられていると同時に,発見を,最適なケアを提供するために臨床医が知っておくべき実践ポイントと重要な推奨事項に置き換える,臨床的意義についてのセクションが配置されている.精神病医,臨床心理士,レジデント・フェローが患者の気分障害の経過と転帰をよりよく理解し,究極的には臨床技術を高めるために,本書は最適なリファレンスである.


Table of Contents
Introduction. Collaborative Depression Study procedures and study design. Dimensional symptomatic structure of the long-term course of unipolar major depressive disorder. Dimensional symptomatic structure of the long-term course of bipolar I and bipolar II disorders. Risk factors for suicide attempts and completions. Psychotic features in major depressive and manic episodes. Development of mania or hypomania in unipolar major depression. Comorbidity of affective and substance use disorders. Treatment effectiveness and safety in the longitudinal course of mood disorders. Personality and mood disorders. Family history and genetic studies in mood disorders. Clinical course and outcome of unipolar major depression. Predictors of course and outcome of bipolar disorder. Undertreatment of major depression. Impact of anxiety severity on mood disorders. Contributions of the NIMH Collaborative Depression Study to DSM-5. Index.