洋書

<ロックウッドの骨折,第8版(全3巻)>

Rockwood, Green & Wilkins' Fractures, 8th ed.

In Adults & Children Package, in 3 vols.

著者 : R.W.Bucholz, C.M.Court-Brown, J.D.Heckman, et al.(eds.)
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4698-7157-8
出版年 : 2014年

在庫あり

定価93,733円(本体86,790円 + 税)

  • E-Book
  • 商品説明
  • 書評

成人と小児の骨折治療のゴールド・スタンダードとしてもっとも信頼を得ている,3巻セットのベストセラー・リファレンス,改訂第8版.世界各国のトップレベルの整形外科医によって執筆されており,成人および小児のあらゆるタイプの骨折をすべてカバーし,手術手技と治療に関する専門医の選択肢を提示する.第1巻と第2巻では成人の骨折を,第3巻では小児の骨折を取り扱う.

●━━━ 本書のここに注目!━━━●
●第1巻と第2巻(成人)には,老年患者の治療,骨欠損の治療,外傷の心理的側面の新章を設けた.
●第3巻(小児)では,疼痛医学とギプス固定の内容を拡充した.
●既存の“Rockwood and Green's Fractures in Adults”のビデオ集にノーカットのビデオを10本新たに加え,“Rockwood and Wilkins' Fractures in Children”には13本を加えた.
●すべてのビデオは容易にナビゲーションできる機能を備えており,手術の特定のステップに直接移動することも,手術全体を最初から最後まで見ることもできる.
●簡単に素早く参照できるように効率的な箇条書き形式を新たに採用した.
●“Before the Case”チェックリストは,各手術に必要なすべての機器を提示する.
●“Author's Preferred Technique”セクションでは,執筆者がなぜその手術を選択したかを解説するアルゴリズムを示す.
●すべての手術についてポイントとピットフォールや予防法を列挙する.
●フルカラーの手術写真,表,X線写真,図解,500枚以上の手術手技の線画を収載する.

※本書には,タブレット,スマートフォン,あるいはオンラインで利用することができるインタラクティブなeBook版がバンドルされている.
●高度なナビゲーションの付いたテキスト全文
●テキストの内容,読者のメモ,あるいはウェブサイトから結果を引き出す強力な検索機能
●容易なナビゲーションのために相互にリンクされたページや参照事項
●テキスト全編で重要な内容の参照をいっそう容易にする,ハイライト・ツール
●メモをとり友人や同僚と共有する機能
●「お気に入り」の内容を保存し後日素早く参照するためのタブ付け機能
●20本のノーカットの手術ビデオ

 どの分野にも「成書」というものがある.幅広い知見を体系的にあますところなく解説した専門書である.本書は,骨折治療における紛れもない“成書の中の成書”である.国内外を問わず,整形外科のdepartmentに本書の最新版を常備していない施設はみたことがない.

 版を重ねるに従い,本書は写真や図表が豊富になり読みやすくなった.診断,骨折型の分類,保存的治療・手術的治療の適応,治療アルゴリズム,手術体位と外科アプローチ,実際の固定手技,治療成績などが,豊富なX線像や美しい模式図とともにあますところなく記述されている.また,前版から“Pitfalls and Prevention(落とし穴に落ちないために)”の項目も随所に記載されるようになった.成書としての重厚さを保ちつつ,非常に使いやすく読みやすい書籍になっている.

 本書には,“Author's Preferred Treatment(筆者お好みの治療法)”という伝統的な解説がある.経験豊富な筆者がすすめる治療法である.「Rockwoodの“Author's Preferred Treatment”のところだけは読んでおきなさい」と,若いころに指導されたこともある.“Author's Preferred Treatment”は,短時間で最新・最適な治療法を知ることができるという点ですばらしく,若手の先生にはぜひ通読してほしいと思う.

 しかし本書を読む一番の醍醐味は,初版から受け継がれ,常にアップデートされてきた文献レビューなのである.いたるところに引用文献のエッセンスがまとめられており,本書を精読することで,筆者がどうしてその治療法を推奨するにいたったのかというロジックと骨折治療のフィロソフィーを読み解くことができるはずである.本書は1975年の初版以来の蓄積があるため,重要な文献があますところなく網羅されている.最新の治療法については新しい論文を読めば事たりると考える人もいるかもしれない.Evidence-based medicine(EBM)の台頭により,近年ではCochrane Systematic ReviewやUpToDateなどでrandomized clinical trial(RCT)を中心とした臨床論文のsystematic reviewやmata-analysisの結果は知ることができる.しかし,手術的治療に関しては質のよいRCTを行うことはむずかしく,大規模なコホート研究やケースシリーズ,ケースレポートから最適な治療法を模索しなければならないことも多い.外傷や骨折は症例ごとの個別性が大きく,特にその傾向が強いと思う.歴史的に評価を受けてきた論文の中から骨折治療のロジックとフィロソフィーを学ぶことが,よりよい治療を実践するために重要になる.

 先進国では,交通外傷や労災事故というhigh energy外傷から,骨粗鬆症を背景としたlow energy外傷へと,外傷・骨折治療の重要分野がパラダイムシフトしつつある.そのため,軟部組織損傷や粉砕骨折・開放骨折といった重度四肢外傷の治療に加えて,高齢者に発生した脆弱性骨折をどう治療するのかという新しい課題にわれわれは直面することになった.これをふまえて第8版では,高齢者の脆弱性骨折にまつわる種々の問題(内科合併症や社会的問題に対する対応などを含めて)にも紙面が割かれている.

 本書には,紙ベースの書籍のほかに,ネット環境が整っていればすべての内容を読んだり検索したりできるe-Bookのアクセスキーも与えられている.設定はきわめて容易であり,重宝する.Kindle版も同時に発売されている.Kindle版をスマートフォンやタブレット型端末に入れておけば,ネット環境に関係なくいつでも本書を携帯できて便利であるが,こちらは別途購入が必要である.
 抄読会や輪読会で少しずつ時間をかけて読むもよし,1人でコツコツ精読するもよし,あるいは遭遇した骨折のところを読んで勉強するのもよし,成書にはいろいろな読み方がある.どのような読み方をするにしろ,本書は骨折治療の体系を把握するための珠玉の一冊である(分冊であるが).

臨床雑誌『整形外科』66巻7号(2015年7月号)より転載
評者●帝京大学整形外科教授 渡部欣忍


この商品を購入した方におすすめ

Bone & Joint JournalFormerly "J.B.J.S. -British Volume"
Bone & Joint Journal Formerly "J.B.J.S. -British Volume"
詳しく見る
Journal of Bone & Joint Surgery-American Volume
Journal of Bone & Joint Surgery -American Volume
詳しく見る
Operative Techniques in Orthopaedic Surgery, 2nd ed.,In 4 vols.
Operative Techniques in Orthopaedic Surgery, 2nd ed.,
In 4 vols.
詳しく見る

関連洋書籍

Rockwood & Wilkins' Fractures in Children, 8th ed.
Rockwood & Wilkins' Fractures in Children, 8th ed.
詳しく見る
Rockwood & Green's Fractures in Adults, 8th ed.In 2 vols.
Rockwood & Green's Fractures in Adults, 8th ed.
In 2 vols.
詳しく見る