洋書

<逆行性胆膵内視鏡(ERCP),第2版>

ERCP, 2nd ed.

著者 : T.H.Baron, R.A.Kozarek & D.L.Carr-Locke
出版社 : SAUNDERS
ISBN : 978-1-4557-2367-6
ページ数 : 528pp.
出版年 : 2013年

在庫なし

定価43,027円(本体39,840円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明
  • 書評

本書の特色

胆嚢,膵臓の異常の診断と治療に欠かせないERCPを扱ったバロンの改訂第2版.質の高い画像とわかりやすい図表によって最新の技術を伝え,この複雑で難しい領域へのアプローチを助けている.新しい11の章はそれぞれ胆道鏡,ビデオ胆道鏡,超音波内視鏡,胆道・十二指腸複合閉鎖などの新技術にあてている.Expert Consultが付属し全文検索や画像のダウンロードの他40本のビデオが閲覧可能で,胆道括約筋切開,カニューレ挿入,胆管瘻切開などの最新手順を見ることが出来る.


Table of Contents
Section 1 General Topics

Medicolegal Issues / The ERCP Room / Radiologic Issues in ERCP / Endoscopes, Guidewires and Accessories / Sedation and Analgesia for ERCP / Complications of ERCP: Prediction, Prevention and Management / ERCP Training
Section 2 Techniques
Cannulation of the Major and Minor Papilla / Access (Precut) Sphincterotomy: Conceptual Philosophy and Technical Details / Sphincter of Oddi Manometry / Balloon Dilation of the Papilla / Biliary Sphincterotomy / Stone Extraction / Pancreatic Sphincterotomy / Minor Papilla Endoscopic Sphincterotomy / Plastic Pancreatic and Biliary Stents: Concepts and Insertion Techniques / Expandable Stent Insertion / Stent Removal: Migrated and Non-migrated / Papillectomy/Ampullectomy / Pancreatoscopy / Cholangioscopy / ERCP in Children / ERCP in Pregnancy / ERCP in Surgically Altered Anatomy
Section 3 Approach to Clinical Problems
Dilated Bile Duct / Ampullary Neoplasm / Malignant Biliary Obstruction: Distal / Malignant Biliary Obstruction: Hilar / Indeterminate Biliary Stricture / Benign Biliary Strictures / Biliary Surgery Complications including Transplantation / ERCP for the Acute and Chronic Complications of Pancreatic Surgery / Choledocholithiasis / Pancreaticobiliary Pain and Suspected SOD / Sclerosing Cholangitis / Choledochal Cysts / Parasitic Disease: Endoscopic Diagnosis and Management of Tropical Parasitic Infestations / Recurrent Pyogenic Cholangitis / Biliary Interventions in Acute Gallstone Pancreatitis / Pancreatic Interventions in Acute Pancreatitis: Ascites, Fistulae, Leaks and Other Disruptions / Idiopathic Acute Pancreatitis: Role of ERCP in Diagnosis and Therapy / Pancreas Divisum and Other Pancreaticobiliary Anomalies / Chronic Pancreatitis: Stones and Strictures / Suspected IPMN and Cystic Lesions of the Pancreas / Endoscopic Drainage of Pancreatic Pseudocysts, Abscesses and Organized (Walled-Off) Necrosis

東京医科大学消化器内科
准教授 糸井 隆夫

本書は大好評を博していた初版(2008年発刊)をバージョンアップしたものである.初版の「ERCP」が発刊されるまでは診断的および治療的ERCP分野において,十分な写真やシェーマを用いて詳細な記載がされた英語の教科書はなかった.さらに巻末に付属したDVDによりエキスパートの手技を実際にビデオで観ることができることもその価値を高めるものであった.こうして初版「ERCP」はすぐに世界各国の多くの胆膵内視鏡医の愛読書となった.第2版「ERCP」も初版に引き続き米国を代表する若き胆膵内視鏡医のDr. Baronを中心にDr. KozarekとDr. Carr-Lockeといった米国でも人気の高い権威ある胆膵内視鏡医により監修されている.その内容もさることながら驚くのが各11章を執筆した全員が世界各国を代表する高名な胆膵内視鏡医であることである.その中にはDr. KodamaおよびDr. Itoiも含められている.本書は初版と同様,最新の文献も含めて,ERCP処置具や診断治療手技について微に入り細に入り解説がなされている.基本的なERCP手技には大きな変化はないものの,初版から5年が経ち,多くの処置具や新しい手技が開発されている.具体的にはERCPに必要な正常解剖あるいは術後解剖から実際の手技に至るまで,これまで通りのクオリティーの高い写真やシェーマに加えて,さらに新しいSingle-operatorによる胆道鏡,電子胆道鏡,胆管十二指腸閉塞時のダブルステンティングなどの超音波内視鏡と組み合わせた治療胆膵内視鏡手技が追加となり,ERCP関連手技に関してまさに“All in One”的な教科書となった.本書の大きな特徴であるビデオは,初版時のDVD からWeb上で簡便に閲覧することが可能で,その数も80を超えるものとなっている.こうしたビデオ閲覧や本書内の画像のダウンロード,そして参考文献からのPubMedリンクはすべてExpert Consultという専用サイトにアクセスすることで可能となっており,まさに時代のニーズにあった書籍と言える.本書は世界で活躍する胆膵内視鏡医にとっては必読の書籍であり,是非本書を愛用して頂き,教科書としてあるいは研究のテーマ作りとして役立てて頂きたい.