洋書

<グリーソン分類―病理医・臨床医のための完全ガイド>

Gleason Grading System

- A Complete Guide for Pathologist and Clinicians

著者 : J.I.Epstein
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4511-7282-9
ページ数 : 212pp.(489illus.)
出版年 : 2013年

在庫僅少

定価23,425円(本体21,690円 + 税)

  • オンライン
eBook版商品はこちら 定価23,770円
  • 商品説明

本書の特色

最新のグリーソン分類を包括的に解説し,病理だけでなく関連する臨床との相関や予後も取り扱うテキスト.
グリーソン分類は前立腺癌のもっとも重要な予後マーカーであり,患者の治療に重大な意味をもち,前立腺癌に関わるあらゆる分野の治療を推進する.多数の写真を収載するだけでなく,泌尿器科専門医,放射線治療医,腫瘍医にとってきわめて重要な臨床関連事項を詳細に検討し,針生検から根治的前立腺全摘除術までのアップグレードやダウングレードの予測,グリーソン分類の経時的変化のリスク,第3段階のパターンの重要性,さまざまなグリーソンスコアと多様な治療法に関連する予後と意味,などを取り上げる.典型的な例に加えて,コンサルテーションに用いられ病理医である執筆者にとって特に難解だった画像が使用されており,グリーソン分類の難しさを効果的に示している.レジデントレベルから経験豊かな臨床医までのあらゆる外科病理医のみならず,泌尿器科レジデント,泌尿器科専門医,腫瘍医,放射線腫瘍医にとっても非常に有用なツールとなっている.


Table of Contents
1:
Historical Evolution of the Gleason Grading System: From 1967 to the Contemporary Era
2: The Current Modified Gleason Grading System ― Histologic Features of Conventional Prostate Adenocarcinoma
3: Grading Variants of Prostate Carcinoma
4: Principles of Gleason Grading in Current Practice and Comparison of Original and Modified Gleason Grading System
5: Grading Accuracy
6: Relation of Gleason Grade to Treatment
Index