洋書

< 整形外科外傷手術における最小侵襲手技 >

Minimally Invasive Orthopaedic Trauma

著者 : M.J.Gardner & J.Siegel (eds.)
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4511-1474-4
ページ数 : 193pp.(575illus.)
出版年 : 2014年

在庫あり

定価30,790円(本体28,510円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

整形外科外傷手術における最少侵襲手技を扱う初めてのリソース.患者の回復とリハビリの時間を短縮するために考案された幅広い最新手技を詳述する,必須のリファレンスとなっている.介達骨折の整復と固定といった最新のアプローチを段階的に解説し,組織や血管へのダメージを減らしてより完全な回復に導く.
20の章ではそれぞれ一つの手技を取り上げ,実践に直接適用できる端的な形式で,関連する解剖,ツール,及び手技を強調している.この分野の主要な専門医による権威ある視点で編まれているため,最新の正確な情報を確実に得ることができる.さらに,各手技をステップ・バイ・ステップで詳細にガイドし,手技への理解を強化して過誤を最小限にする.また,結果を最適化できるように,詳細な線画を用いて基礎となる解剖を強調している.


Table of Contents
Chapter 1: Historical Perspective
Chapter 2: Biological Basis (Nailing, Plating)
Chapter 3: Percutanous Pinning of Distal Radius Fractures
Chapter 4: Forearm Nailing
Chapter 5: Percutaneous Sub-muscular Plating of the Humerus
Chapter 6: Percutaneous Plating of the Proximal Humerus
Chapter 7: Minimally Invasive Operative Treatment of Displaced Midclavicular Fractures with a Titanium Elastic Nail
Chapter 8: Percutaneous Pelvic Ring Fixation
Chapter 9: Minimally Invasive Reduction and Fixation Techniques for Acetabular Fractures
Chapter 10: Minimally Invasive Hip Fracture
Chapter 11: Femoral Shaft
Chapter 12: Minimally Invasive Fixation of Fractures of the Distal Femur
Chapter 13: Minimally Invasive Plating of the Distal Tibia
Chapter 14: Minimally Invasive Treatment of Ankle Fractures
Chapter 15: Calcaneus
Index