洋書

Comprehensive Surgical Management of Congenital Heart

Disease, 2nd ed.

著者 : R.A.Jonas
出版社 : CRC PRESS
ISBN : 978-1-4441-1215-3
ページ数 : 718pp.(380illus.)
出版年 : 2014年

在庫なし

定価39,495円(本体36,570円 + 税)

  • オンライン
eBook版商品はこちら 定価39,841円
  • 商品説明

2004年に本書の初版が刊行されてから,先天性心疾患への対応は目覚ましく進化し続けてきた.心外/内導管型フォンタン手術やdouble root translocation法のような新たな手術が発展拡大しただけではなく, 診断法,特に心臓のCT検査やMRI検査において,劇的に変化している.
遺伝子ベースでの先天性心疾患の理解と心臓発生学の発展は,より急速に進歩してきた.変わらないことは,先天性心疾患をもつ患者にとっての最適な帰結は,共同的なチームの努力によってのみ達成されるということのみである.チームは先天性心疾患の専門医だけでなく,小児心疾患の看護師,小児の心臓病専門医,灌流と呼吸の技術者,小児心疾患の集中治療医,小児心疾患の麻酔医,超音波検査技師,そしてMRIとカテーテルの研究技術者もまた含まれる.
本書の第2版は,ワシントン DC の国立小児医療センターのリチャード・A・ジョナスとそのチームによる現代的手法を詳細に描写している.本書は多くの美麗なイラストを再び盛り込み,あらゆる先天的心疾患の手術中の対応について包括的で詳細な情報を提供している.さらに付属のVitalSource ebookは,複雑な外科手術におけるキーステップを強調すべく編集とナレーションされた50以上もの手術動画が掲載されている.
リスク,利点,潜在的合併症と共に,いつどうして手術がなされるべきなのかを説明するため,膨大な科学的引用によるエビデンスベースの手法をとっている.

本書はBMA Medical Book Awards 2015にて高い評価を受けた.