洋書

< マイヤース腹部放射線診断学,第6版 ―正常・病理解剖をベースとした疾患進展のダイナミクス >

Meyers' Dynamic Radiology of the Abdomen, 6th ed.

- Normal & Pathologic Anatomy

著者 : M.A.Meyers, C.Charnsangavej & M.Oliphant
出版社 : SPRINGER-VERLAG
ISBN : 978-1-4419-5938-6
ページ数 : 419pp.(2144illus.)
出版年 : 2011年

在庫あり

定価42,109円(本体38,990円 + 税)

  • 商品説明

本書の特色

モートン・マイヤース博士による由緒ある腹部放射線診断のテキスト,待望の改訂第6版.前版の基本的テーマはそのままに,34年前の初版以来,解剖学的・動力的原理を体系的に適用して,腹部疾患の実践的理解と診断に役立てることを広めてきた本書の内容をアップデート.今版では腹部疾患の国際的権威2名を執筆陣に迎え,内容を充実させた.
初版以来モートン・マイヤースがもたらしてきた洞察により,確定診断における放射線科医の役割の重要性が確かなものとなった.また,腹腔内感染と悪性腫瘍の進展および局在の動態・経路が明らかとなってきた.第6版では,腹部と骨盤全体に解剖的連続性を取り入れて視野を広げ,さらにクオリティを高めている.
新章では,腹部と骨盤にある主な器官からの癌のリンパ節転移について,パターンを詳述.腹部と骨盤の腹膜下腔を臨床応用する統一概念については新情報を収載した.680点以上の写真や図版が更新・追加されている.


Table of Contents
1. A New Paradigm
2. Clinical Embryology of the Abdomen
3. Clinical Anatomy of the Abdomen
4. Mechanisms of Spread of Disease in the Abdomen and Pelvis
5. Intraperitoneal Spread of Infections and Seeded Metastases
6. The Extraperitoneal Spaces: Normal and Pathologic Anatomy
7. The Extraperitoneal Pelvic Compartments
8. Patterns of Spread of Disease from the Liver
9. Patterns of Spread of Disease from the Distal Esophagus and Stomach
10. Patterns of Spread of Disease from the Pancreas
11. Patterns of Spread of Disease from the Small Intestine
12. Patterns of Spread of Disease from the Large Intestine
13. Patterns of Spread of Renal, Upper Urothelial, and Adrenal Pathology
14. Patterns of Spread of Disease of the Pelvis and Male Urogenital Organs
15. Patterns of Spread of Gynecologic Disease
16. Patterns of Extraabdominal and Extrapelvic Spread
17. Internal Abdominal Hernias
Index