洋書

Goodman & Gilman's the Pharmacological Basis of

Therapeutics, 13th ed.

著者 : L.L.Brunton, R.Hilal-Dandan & B.C.Knollmann(eds.)
出版社 : MCGRAW-HILL EDUCATION
ISBN : 978-1-259-58473-2
ページ数 : 1419pp.
出版年 : 2018年

在庫僅少

定価29,322円(本体27,150円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 書評

薬理学テキストのゴールドスタンダード,最新の研究と発展を反映し,内容を完全にアップデート!
本書は治療薬の作用と使用法を生理学と病態生理学に関連づけて説明する,信頼性と正確性のもっとも高いテキストである.基礎科学と臨床応用のバランスがうまくとられており,疾患の予防,診断,治療に不可欠な薬剤を,明確に理解することができる. 新版では,500枚超のカラーイラストが収載され,その多くが薬効発現機構に重きを置いた内容となっている.また新たに30人超の執筆者が加わったが,基本原則への着目度は変わっていない.



新版のここに注目!


●「肺動脈性肺高血圧症の治療」,「免疫と炎症」,「免疫グロブリンとワクチン」,「ウイルス性肝炎の治療」といった章を追加
●「心筋虚血」,「高血圧」,「心不全」を別立ての章で扱うなど,心疾患の内容を拡充
●薬物作用に関与する細胞内シグナル伝達経路を強調
●各章の初めに章の内容に関するアウトラインを掲載
●各章の終わりには,要約表が掲載されており,各章で関連のカテゴリーや詳細な治療用途,臨床薬理学,ヒントなどの説明をまとめている
●各章ごとに登場する略称を簡単に識別するための略称表を掲載

Section I: General Principles

Chapter 1: Drug Invention and the Pharmaceutical Industry
Chapter 2: Pharmacokinetics: The Dynamics of Drug Absorption, Distribution, Metabolism, and Elimination
Chapter 3: Pharmacodynamics: Molecular Mechanisms of Drug Action
Chapter 4: Drug Toxicity and Poisoning
Chapter 5: Membrane Transporters and Drug Response
Chapter 6: Drug Metabolism
Chapter 7: Pharmacogenetics

Section II: Neuropharmacology

Chapter 8: Neurotransmission: The Autonomic and Somatic Motor Nervous Systems
Chapter 9: Muscarinic Receptor Agonists and Antagonists
Chapter 10: Anticholinesterase Agents
Chapter 11: Nicotine and Agents Acting at the Neuromuscular Junction and Autonomic Ganglia
Chapter 12: Adrenergic Agonists and Antagonists
Chapter 13: 5-Hydroxytryptamine (Serotonin)
Chapter 14: Neurotransmission in the Central Nervous System
Chapter 15: Drug Therapy of Depression and Anxiety Disorders
Chapter 16: Pharmacotherapy of Psychosis and Mania
Chapter 17: Pharmacotherapy of the Epilepsies
Chapter 18: Treatment of Central Nervous System Degenerative Disorders
Chapter 19: Hypnotics and Sedatives
Chapter 20: Opioids, Analgesia, and Pain Management
Chapter 21: General Anesthetics and Therapeutic Gases
Chapter 22: Local Anesthetics
Chapter 23: Ethanol
Chapter 24: Drug Use Disorders and Addiction

Section III: Modulation of Pulmonary, Renal, and Cardiovascular Function

Chapter 25: Drugs Affecting Renal Excretory Function
Chapter 26: Renin and Angiotensin
Chapter 27: Treatment of Ischemic Heart Disease
Chapter 28: Treatment of Hypertension
Chapter 29: Therapy of Heart Failure
Chapter 30: Antiarrhythmic Drugs
Chapter 31: Treatment of Pulmonary Arterial Hypertension
Chapter 32: Blood Coagulation and Anticoagulant, Fibrinolytic, and Antiplatelet Drugs
Chapter 33: Drug Therapy for Dyslipidemias

Section IV: Inflammation, Immunomodulation, and Hematopoiesis

Chapter 34: Introduction to Immunity and Inflammation
Chapter 35: Immunosuppressants and Tolerogens
Chapter 36: Immune Globulins and Vaccines
Chapter 37: Lipid-Derived Autacoids: Eicosanoids and Platelet-Activating Factor
Chapter 38: Pharmacotherapy of Inflammation, Fever, Pain, and Gout
Chapter 39: Histamine, Bradykinin, and Their Antagonists
Chapter 40: Pulmonary Pharmacology
Chapter 41: Hematopoietic Agents: Growth Factors, Minerals, and Vitamins

Section V: Hormones and Hormone Antagonists

Chapter 42: Introduction to Endocrinology: The Hypothalamic-Pituitary Axis
Chapter 43: Thyroid and Antithyroid Drugs
Chapter 44: Estrogens, Progestins, and the Female Reproductive Tract
Chapter 45: Androgens and the Male Reproductive Tract
Chapter 46: Adrenocorticotropic Hormone, Adrenal Steroids, and the Adrenal Cortex
Chapter 47: Endocrine Pancreas and Pharmacotherapy of Diabetes Mellitus and Hypoglycemia
Chapter 48: Agents Affecting Mineral Ion Homeostasis and Bone Turnover

Section VI: Gastrointestinal Pharmacology

Chapter 49: Pharmacotherapy for Gastric Acidity, Peptic Ulcers, and Gastroesophageal Reflux Disease
Chapter 50: Gastrointestinal Motility and Water Flux, Emesis, and Biliary and Pancreatic Disease
Chapter 51: Pharmacotherapy of Inflammatory Bowel Disease

Section VII: Chemotherapy of Infectious Diseases

Chapter 52: General Principles of Antimicrobial Therapy
Chapter 53: Chemotherapy of Malaria
Chapter 54: Chemotherapy of Protozoal Infections: Amebiasis, Giardiasis, Trichomoniasis, Trypanosomiasis, Leishmaniasis, and Other Protozoal Infections
Chapter 55: Chemotherapy of Helminth Infections
Chapter 56: Sulfonamides, Trimethoprim-Sulfamethoxazole, Quinolones, and Agents for Urinary Tract Infections
Chapter 57: Penicillins, Cephalosporins, and Other β-Lactam Antibiotics
Chapter 58: Aminoglycosides
Chapter 59: Protein Synthesis Inhibitors and Miscellaneous Antibacterial Agents
Chapter 60: Chemotherapy of Tuberculosis, Mycobacterium avium Complex Disease, and Leprosy
Chapter 61: Antifungal Agents
Chapter 62: Antiviral Agents (Nonretroviral)
Chapter 63: Treatment of Viral Hepatitis (HBV/HCV)
Chapter 64: Antiretroviral Agents and Treatment of HIV Infection

Section VIII: Pharmacotherapy of Neoplastic Disease

Chapter 65: General Principles in the Pharmacotherapy of Cancer
Chapter 66: Cytotoxic Drugs
Chapter 67: Pathway-Targeted Therapies: Monoclonal Antibodies, Protein Kinase Inhibitors, and Various Small Molecules
Chapter 68: Hormones and Related Agents in the Therapy of Cancer

Section IX: Special Systems Pharmacology

Chapter 69: Ocular Pharmacology
Chapter 70: Dermatological Pharmacology
Chapter 71: Environmental Toxicology: Carcinogens and Heavy Metals

Appendices

Appendix I: Principles of Prescription Order Writing and Patient Compliance
Appendix II: Design and Optimization of Dosage Regimens: Pharmacokinetic Data

本書は薬理学、薬物治療学の“バイブル”であり、国際的スタンダードのテキストである。今版「第13版」は「第12版」の刊行から7年、初版以来77年の歴史を踏まえて登場した。

私は医学部学生時代に、基礎医学系のある先生の研究室で実験をする機会をいただいていた。その先生から“試験管洗いのアルバイト代”としていただいたのがGoodman & Gilmanとの初めての出会いであった(「第4版」)。その時に不思議に思ったのが、薬理学の教科書なのに、書名にはPharmacologyではなく“The Pharmacological Basis of Therapeutics”と書かれていたことである。初版のGoodman先生とGilman先生の序文にはこの教科書の目的が述べられており、書名の所以がわかる。“薬の作用や臨床応用は幅広い医科学の領域に関連付けて学ぶことが必要で、その内容は医学の進歩に合わせて最新のものに改めることがなされなくてはならず、そして、薬についての知識は臨床の場で実際に役立つものでなくてはならない。”薬物受容体や細胞内情報伝達系から病態生理に基づいた疾患の概説と薬物動態学、さらに薬物治療までを最新の知見を踏まえて記述している点で、Goodman & Gilmanの右に出るものはないであろう。

また、本書は病棟・医局の書棚に必ずと言ってよいほど置かれてきた。臨床の場で実際に薬を使用するにあたっての具体的な投与方法や薬効、副作用が丁寧に記述され、そのエビデンスとなる文献、臨床試験データなどが引用されている。臨床医にはまさに頼りになる指針である。

今回13版を手にした時の印象は、本の厚さが12版に比べて随分薄くなったということである(それでも十分に重いが)。今版では編集責任者のBrunton先生の方針により、前版の記述を大幅に書き改め、図を多く活用することでスリム化が図られた。レイアウトが前版までの印象とは大きく異なり、明るく落ち着いていて、図表の配置、色合いがより目になじみやすいものになった。薬物の記述にはオレンジ色の見出しがつき、一目で内容の把握ができる。主要薬についての記述は「作用機序」、「ADME(吸収・分布・代謝・排泄)」、「臨床応用」、「有害作用」という一定の順で進められポイントを理解しやすい。

スリム化により内容はどうであろう。今改訂では、新たに「肺動脈高血圧症の治療」、「免疫と炎症序論」など4つの章が加えられ、また、12版の「虚血性心疾患と高血圧の治療」の章が、「虚血性心疾患の治療」と「高血圧の治療」と別々の章に拡充されている。さらに、近年のゲノム編集技術の進歩に照らし合わせて、CRISPR/cas9について新たに記載されている。新設された大変重宝する特徴として、各章の文中で使用される略語が章の冒頭にリストで説明されるようになったことと、章の最後に主要薬物を処方する上で役に立つ事項がコンパクトなまとめの表として掲げられるようになったことがある。さらに本書の良き伝統の一つである、主要薬の発見・開発の歴史の記述が、今版では、新たに「Historical Perspective」として項目が設けられた。例えば第20章のオピオイドについては、紀元前の時代のアラブでのアヘンの利用に始まり、20世紀後半になっての脳内内因性モルヒネの発見とオピオイド受容体の解明に至るまでの歴史の流れがまとめられている。こういった項目は、特に学生にとって、薬理学に興味を持つ良いきっかけになるだろう。

以上のように、今改訂では初版以来の教科書の方針がしっかりと守られ、更なる内容の充実と使いやすさの向上が図られている。医療に関わる教育・研究者、実地医家、薬剤師その他の医療従事者、そして学生諸君の皆様に対して、本書を座右の書とし、皆様の大きな力としていただくことを切に願っている。

評者●藤田保健衛生大学
名誉教授 野村隆英

この商品を購入した方におすすめ

Martindale, 39th ed.(2017), in 2 vols.- Complete Drug Reference (Volume, a & B)
Martindale, 39th ed.(2017), in 2 vols.
- Complete Drug Reference (Volume, a & B)
詳しく見る
Kucers' the Use of Antibiotics, 7th ed., in 3 vols.- Clinical Review of Antibacterial, Antifungal,
Kucers' the Use of Antibiotics, 7th ed., in 3 vols.
- Clinical Review of Antibacterial, Antifungal,
詳しく見る
Hale's Medications & Mothers' Milk 2019 (18th ed.)
Hale's Medications & Mothers' Milk 2019 (18th ed.)
詳しく見る
Drugs in Pregnancy & Lactation, 11th ed.- A Reference Guide to Fetal & Neonatal Risk
Drugs in Pregnancy & Lactation, 11th ed.
- A Reference Guide to Fetal & Neonatal Risk
詳しく見る
Medications and Mothers' Milk Online
Medications and Mothers' Milk Online
詳しく見る
Drugs in Pregnancy & Lactation, 11th ed.(Vital Source E-Book)
Drugs in Pregnancy & Lactation, 11th ed.
(Vital Source E-Book)
詳しく見る