洋書

<心疾患と妊娠,第2版>

Heart Disease & Pregnancy, 2nd ed.

著者 : P.J.Steer & M.A.Gatzoulis (eds.)
出版社 : ROYAL COLLEGE OF OBSTET.&GYNA.
ISBN : 978-1-107-09594-6
ページ数 : 265pp.(28illus.)
出版年 : 2016年

在庫あり

定価25,110円(本体23,250円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 書評

妊娠中の心疾患は,母体死亡の主な原因の一つである.妊娠中の心疾患に関する包括的かつ権威のある本書は,産科医,循環器専門医,麻酔科医など幅広い医療従事者に有用な一冊となっている.多領域の専門家が執筆し,妊婦ケアと心疾患治療の両面をカバーする.内容は,妊娠前カウンセリングと避妊,出産前・出産時のケア,母体と胎児の長期的アウトカムまで広範に及び,心疾患については先天性・後天性含むすべての原因を取り上げる.

新版では前版から全面的にアップデートされ,管理の優先順位に関する合意声明を再編した.各章の冒頭に "Practical Practice Points" というサマリーを載せ,特定の疾患をかかえた妊婦を診察する際に素早く確認できる.また,心肺移植に関するセクションが新たに追加された.

1. Preconception counselling for women with cardiac disease
2. Contraception in women with heart disease
3. Cardiovascular changes in normal pregnancy
4. Antenatal care of women with cardiac disease: an obstetric perspective
5. Antenatal care of women with cardiac disease: a cardiac perspective
6. Cardiac monitoring during pregnancy
7. Cardiac drugs in pregnancy
8. Surgical and catheter intervention during pregnancy in women with heart disease
9. Antenatal diagnosis of congenital heart disease
10. Fetal care and surveillance in women with congenital heart disease
11. Management of women with prosthetic heart valves during pregnancy
12. Management of aortopathies, including Marfan syndrome and coarctation, in pregnancy
13. Management of mitral and aortic stenosis in pregnancy
14. Management of right heart lesions in pregnancy
15. Management of pulmonary hypertension in pregnancy
16. Management of cardiomyopathies in pregnancy
17. Management of ischemic heart disease in pregnancy
18. Management of maternal cardiac arrhythmias in pregnancy
19. Management of maternal endocarditis in pregnancy
20. Management of women with heart and lung transplantation in pregnancy
21. Pregnancy and cardiac disease - peripartum aspects
22. Management of the puerperium in women with heart disease
23. Impact of pregnancy on long-term outcomes in women with heart disease
24. Long-term outcome of pregnancy with heart disease
Index.

本書は,心疾患を有する妊婦の管理についてのあらゆる側面を概説する,わかりやすく構成された一冊である.

妊娠前カウンセリング,避妊のリスク,子の先天性心奇形のリスクなど,実践的な側面をカバーする. 妊娠中の正常な心臓の変化についても解説し,産褥期とそれに関連するリスクについても十分に取り上げる. また,妊娠中と授乳期双方における薬剤とその安全性や,さまざまな心疾患の管理について,広範囲にわたってカバーする. 臓器移植患者や,妊娠時に心疾患を有した女性の長期的アウトカムについても章を設けている.

本書では,特定のガイドラインがないことを補うために,心疾患を有する妊婦の管理についての合意声明を記載している. 特定の専門家の見解というよりは,合意声明検討委員会の総意としての見解が盛り込まれており,心疾患を有する妊婦のケアに携わる医療従事者にとって実用的価値の高い内容となっている. 各章は,産科の視点から産科医によって執筆されると同時に,循環器専門医や麻酔科医によっても執筆されており,二重の視点を得ることができる. 各章の冒頭に記載のある "Practical Practice Points" というサマリー,および出産前・分娩時・出産後それぞれに関わる医療機関に向けての付録が非常に便利である.

産科,循環器科,麻酔科のすべての医師・研修医にとって,また母体の心疾患について特に関心のある医師にとって,役立つリファレンスであることは間違いないであろう.

- Frances Hodge MBBS MRCOG DFSRH
Consultant Obstetrician and Gynaecologist, Singleton Hospital
"The Obstetrician & Gynaecologist"(Royal College of Obstetricians and Gynaecologists 発行)より抜粋

この商品を購入した方におすすめ

Williams Obstetrics, 25th ed.
Williams Obstetrics, 25th ed.
詳しく見る