雑誌

がん看護≪隔月刊≫

がん患者のオーラルマネジメント(Vol.21 No.3)2016年3-4月号

「きれい」だけではなく「食べる」も目指して

発行年月 : 2016年3月
判型 : A4変
ページ数 : 94

在庫あり

定価1,728円(本体1,600円 + 税)

  • 主要目次

特集
がん患者のオーラルマネジメント〜「きれい」だけではなく「食べる」も目指して〜

特集にあたって 岸本裕充
がん患者のオーラルマネジメントで看護師ができること・すべきこと 岸本裕充
オーラルマネジメントCREATEの各構成要素におけるポイント 岸本裕充,松尾浩一郎
がん看護における「周術期口腔機能管理料」の活用 岸本裕充
手術を受ける患者へのオーラルマネジメント 臼渕公敏,沼津裕美
化学療法を受ける患者へのオーラルマネジメント 西村裕美子
薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)におけるCREATE 大橋恭子,首藤敦史
頭頸部放射線療法を受ける患者へのオーラルマネジメント 勝良剛詞,本間俊子,河野美奈子,中村早苗
造血幹細胞移植を受ける患者へのオーラルマネジメント 河田尚子,石山瑠理,小材真紀
終末期の緩和ケアを受ける患者へのオーラルマネジメント 松尾浩一郎,浦崎優子
【コラム】オーラルマネジメント研究会 永長周一郎,岸本裕充,松尾浩一郎

●連載
・緩和ケア教育を考える 〜学生のこころを育てる講義の工夫〜【4】
 学生をひきつける講義の工夫(3) 事例の効果的な使い方 坂井さゆり
・遺族の声を臨床に生かす 〜J-HOPE2研究(多施設遺族調査)からの学び【最終回】
 望ましい看護師のあり方 宮下光令
・希死念慮をかかえるがん患者へのサポート【新連載】
 がん患者の「死にたい気持ち」に耳を傾けることの大切さ(1) 近藤恵子,早川宏平,加藤隆弘,藤田佐和
・がん化学療法におけるナーシング・プロブレム【78】
 看護の視点からみる「制吐薬適正使用ガイドライン2015年10月第2版」のポイントと患者向け冊子のあり方への考察 足利幸乃
●JJCCレクチャー
・あなたのケアが変わる! 看護臨床研究の活用と取り組み【新連載】
 なぜ,がん看護に臨床研究が必要か(1) 〜がん薬物療法や治療選択の場面にて〜 本間織重
●research
 がんと婚姻:患者の実態報告【2】 〜生涯未婚率と妊孕性〜 桜井なおみ
●第3回がんプロ国際シンポジウム発表内容より【1】
 6段階変革理論を用いて中心静脈カテーテル感染率を減少させた成果に関する報告 河面育子
●特別寄稿
 放射線療法の多職種チーム医療の構築と取り組み 〜K-Grapeの会を通して〜 大田史江,藤原由佳,宮脇大輔
●リレーエッセイ マギーズ東京便り【2】
 マギーズ東京にかける思い 鈴木美穂
●がん医療 よもやま話
 シスプラチンの腎毒性 〜老廃物を選んで排泄する腎臓の不思議な機能との関連〜 小林正伸