雑誌

がん看護≪隔月刊≫

リンパ浮腫ケア(Vol.13 No.7)2008年11-12月号

がん患者のリンパ浮腫の理解と看護の役割

発行年月 : 2008年11月
判型 : A4変
ページ数 : 96

在庫なし

定価1,728円(本体1,600円 + 税)

  • 主要目次
  • 序文

『がん看護』11/12月号 特集 リンパ浮腫ケア〜がん患者のリンパ浮腫の理解と看護の役割〜

●特集にあたって 増島麻里子 685
●がん患者のリンパ浮腫ケアにおける看護の重要性 増島麻里子 689
●リンパ浮腫の基礎知識 作田裕美 692
●リンパ浮腫の起因となるがん治療 矢形寛 697
●リンパ浮腫の治療 川北智子 702
●がん患者のリンパ浮腫アセスメント 木村恵美子 707
●上肢リンパ浮腫の予防指導 井沢知子 712
●下肢リンパ浮腫の予防指導 冨田英津子 717
●リンパ浮腫のある乳がん患者への看護 和泉秀子 721
●リンパ浮腫のある婦人科がん患者への看護 苅安真佐美 725
●リンパ浮腫のある終末期がん患者への看護 奥朋子 728
●リンパ浮腫に専門的にかかわる看護師の取り組みと課題 大西ゆかり 733
  
連載  
がん専門病院における院内教育A  
 経年別教育:看護師レベルT(1) 石井和美 747

今月の症例  
 苦痛症状が十分にコントロールできなかった白血病患者のケアに関する検討 清水奈緒美 742

がん化学療法におけるナーシング・プロブレム【34】  
 がん化学療法に関連したエマージェンシーとその対応 菅野かおり 751
  
連載講座●JJCCレクチャー  
 【食事につながるケアを目指した造血幹細胞移植の口腔ケアE】  
 未着 再移植時の口腔ケア 池上由美子 成田 香織 茂木伸夫 山下卓也 756
  
投稿  
研究報告●乳がん体験者のソーシャル・サポートと精神的・身体的状況〜手術後2年までの縦断的研究〜 真壁玲子 野水整 762
  
こちらがん電話相談室  
余命2〜3週間 病状が変わっていく父親の姿に慄然とする娘! 平野友子 740
  
BOOK  
がん患者の心の扉を開くコミュニケーション術 薬剤師のためのPOSSIBLE理論 [評者]長谷川久巳 741

リンパ浮腫は、がんの手術や放射線療法などに続発する後遺症、またはがんの進行によって生じる症状の一つであり、患者のQuality of Life(QOL)に影響をもたらす。がんの治療後のリンパ浮腫は、全がん治療者の25〜30%に発症すると推計されることから、100,000人以上のがん患者がリンパ浮腫を有することになる。リンパ浮腫は、ひとたび生じると完治することは難しいが、適切な治療を導入すれば良好な状態に保つことが可能である。近年、日本の医療においては、マニュアルリンパドレナージ、スキンケア、運動、圧迫療法を中心とする複合的理学療法(Complete Decongestive Therapy)が広まり、正しい知識と技術をもつ医療者がいかに患者とかかわるかが重要となる。
リンパ浮腫ケアとは、すでにリンパ浮腫を生じた患者に対するケアのみを意味するのではない。リンパ浮腫が生じる以前、あるいはリンパ浮腫が軽度の段階には、医療者や患者自身が浮腫の程度をモニタリングし、リンパ浮腫の増悪を最小限に抑えるための対処方法の導入が不可欠となる。平成20年度診療報酬改定においては、リンパ浮腫に関する指導の評価として、新たにリンパ浮腫指導管理料が採択された。この概要は、リンパ浮腫の治療・指導の経験を有する医師または医師の指示に基づき看護師、理学療法士が、子宮悪性腫瘍、子宮付属器悪性腫瘍、前立腺悪性腫瘍または腋窩部郭清を伴う乳腺悪性腫瘍に対する手術を行った患者に対して、手術前後にリンパ浮腫に対する適切な指導を個別に実施した場合に診療報酬が算定されるものである。また、四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等にかかわる療養費も保険適用となった。
リンパ浮腫ケアは、複合的理学療法の広まりや診療報酬の加算を機に、これまで以上に多くの医療機関で積極的に行われることになるであろう。しかし、リンパ浮腫ケアは、医療において比較的新しい分野であるため、医学や看護学の基礎教育課程での教育によらず、医療者個々が専門的に習得した知識と技術を用いてケアを提供しているのが現状である。さらに、多様な職種がリンパ浮腫ケアに携わることから、提供されるケアの質はさまざまである。このような状況において、看護師ががん患者に適切なリンパ浮腫ケアを提供し、患者のQOLの向上に寄与するためには、リンパ浮腫ケアにおける看護の果たす役割を改めて考える必要があるとの認識に至った。
そこで、がん患者に対するリンパ浮腫ケアを特集するにあたり、がん治療や疾患の進行によるリンパ浮腫の発症原因を含むがん看護に特有なリンパ浮腫ケアの基礎知識と、リンパ浮腫だけに注目するのではなく、がん罹患・再発に対する心の揺らぎやリンパ浮腫を抱えながら生活する患者への看護に焦点をあてた内容の充実を目指した。
今回の特集が、がん看護におけるリンパ浮腫ケアの発展に貢献し、リンパ浮腫によるがん患者の苦悩を最小限にするための一助となれば幸いである。
千葉大学看護学部
増島麻里子