雑誌

臨床雑誌内科≪月刊≫

循環器薬使い方プラクティス(Vol.112 No.3)2013年9月号

発行年月 : 2013年9月
判型 : B5
ページ数 : 200

在庫なし

定価2,700円(本体2,500円 + 税)

  • 主要目次

特集
循環器薬 使い方プラクティス

≪Editorial≫
 循環器薬を使いこなすためのノウハウ−本特集のねらいを含めて 池田隆徳
≪Special Article≫
 新規経口抗凝固薬−心房細動による心原性脳塞栓症の予防 大塚崇之・山下武志
 肺高血圧症治療薬−軽症または中等症例における使用指針 佐藤徹
≪疾患別循環器薬の使い方≫
・高血圧症
 Ca拮抗薬 澤井俊樹・伊藤正明
 ARB・ARB配合剤 新島聡ほか
 直接レニン阻害薬 森龍彦・石坂信和
・虚血性心疾患
 抗血小板薬 若槻哲三
 スタチン 廣高史・平山篤志
 冠拡張薬 永井利幸・安田聡
 糖尿病薬 安藤恭代・弘世貴久
・心不全
 β遮断薬 絹川真太郎・筒井裕之
 RAS抑制薬 猪又孝元
 利尿薬 安斉俊久
 バソプレシンV2受容体拮抗薬 久武真二
 アルドステロン受容体拮抗薬 加藤大介ほか
・不整脈
 I群抗不整脈薬 小松隆・中村元行
 III群抗不整脈薬 志賀剛
 心拍数調節薬 橋尚彦
・末梢動脈疾患
 抗血小板薬 進藤俊哉
 プロスタグランジン製剤 塩野則次・渡邉善則
・深部静脈血栓症
 抗血栓凝固薬 岩出和徳ほか
≪座談会≫
 心房細動に対する治療−どこまでが非専門医でどこからが専門医か
  池田隆徳(司会)・正林浩高・柚須悟・山根禎一
≪理解を深めるQ&A≫

[連載]
・ドジって学ぶ統計学・臨床研究 凡太郎のボンボン日記
 母と息子の絆から垣間見る相関関係と因果関係 中川義久
・よくわかる透析療法「再」入門
 ドライウエイトはどのようにして決めるのか 花房規男
・学び直し 診断推論
 発熱 横江正道
・目でみる症例
 NBIによる大腸拡大内視鏡診断 田中信治
・比較で学ぶ 病理診断ミニマル・エッセンシャル
 第25回 健診で軽度の肝機能障害を指摘された常習飲酒家の肝組織像 清水辰一郎
・診療Controversy−medical decision makingのために
 敗血症患者の支持療法としてのポリミキシンカラムによる血液浄化療法 仲松正司/森伸晃
  (A)適用は慎重に選択すべきである(あるいは積極的には行わない)
  (B)適用を広くとって積極的に行うべきである
・Conference Room
 著明な高尿酸血症を伴う腎不全で発症し、呼吸不全により死亡した1例 北里大学病院CPC
・被災地、南相馬の足音
 南相馬市の医師像 小鷹昌明
・View Spot
 診療ガイドラインの捉え方 木下芳一

【Book Review】
 今日の臨床検査2013-2014 村田満
 糖尿病治療・療養指導ゴールデンハンドブック(改訂第2版) 佐藤譲
 糖尿病最新の治療2013-2015−オンラインアクセス権付 田嶼尚子
 別冊「医学のあゆみ」−漢方医学の進歩と最新エビデンス 北島政樹
 今日の治療薬2013−解説と便覧 中川義久
【Information】
 田中病院内科医師募集について
 第24回 痛風研修会

[投稿]
・症例
 2012年に当院で経験したアジア条虫症−2年間アジア条虫と共生した1例 島田瑞穂
 経年的CEA上昇を契機に耳下腺がんが発見された肺多発結節の1例 松宮晴子
 高血糖が誘引となった中心性橋髄鞘融解症を伴った2型糖尿病の1例 西村守